ここから本文です

「命を大切に」と説く教育は自殺防止になるどころか有害だ

2017/11/23(木) 11:00配信

文春オンライン

 神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件。被害者の女性はSNSで「死にたい」と発信して、白石隆浩容疑者の毒牙にかかった。これを受けて、菅官房長官がTwitterの規制を検討する可能性を示唆するなど、ネットの規制強化や効果的な自殺防止策を行政や教育に求める声も大きい。そこに潜む問題点や危険性を、若者の自殺に詳しい精神科医の松本俊彦先生に聞く第2回。聞き手は「文春オンライン」や「週刊文春」でおなじみのジャーナリスト、鳥集徹さん(全3回の2回目)。

♯1「 『死にたい』と言うヤツに限って死なないというのは迷信だ 」から続く

◆◆◆

──日本は青少年の自殺が先進国の中で多いといわれています。今年の政府発表では、世界各国の自殺死亡率の比較において日本はワースト6位、女性はワースト3位でした。平成28年の死因を分析すると、15~39歳の死因第1位が「自殺」です。他の先進国では若者の死因の第1位は「事故」が多いですね。

松本 日本では中高年に比べて若者の自殺は横ばいだったり、微増だったりしていて、少子化のことを考えたら、むしろ自殺率そのものは増えているんじゃないかといわれています。しかし、行政が保健所や精神保健福祉センターなどで自殺対策の啓発的な講演会をやっても、来てくれるのは中高年以上の世代ばかりで、若者が訪れることはまれです。そもそも、保健所にしても精神保健福祉センターにしても、若者にとってはとてもじゃないですが、身近な場所とは言いがたい。電話相談などもなかなかつながらなかったり、運良くつながったとしても、肝心の聞き手が年配の人であることが多かったりします。

──SNS上でハッシュタグで「♯自殺募集」と呼びかけたり、「死にたい」と見ず知らずの人に訴える心理とはどういうものなんでしょうか。

松本 僕の勝手な推測なんですけど、リアルな世界の中では、本音で死にたいということが言いやすい環境がなかった可能性があると思います。リアルな人間関係で死にたいなんて言うと、一般的な人間の反応は、動揺して頭ごなしにその気持ちを否定しちゃったり、安易な励ましをしてしまったりする。そんなウザい反応をされる現実世界よりも、SNSの方が本音が言いやすいのかもしれません。自分が「死にたい」と言うことで相手に気を使わせてしまうのが申し訳ない、と過剰に空気を読む傾向もあるでしょう。やはり匿名という安心感もあるのだと思います。

1/4ページ

最終更新:2017/11/23(木) 15:39
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

世の中を驚かせるスクープから、
毎日の仕事や生活に役立つ話題まで、
"文春"発のニュースサイトです。