ここから本文です

頑張っても太ももが細くならないのはこれが理由かも

11/23(木) 12:00配信

Women’s Health

数えきれないくらいスクワットもレッグエクステンションもやった。でも、どんなに頑張っても太ももが細くならない……。そんな人は、7つのNGなことをやっていないかチェック。【ウィメンズヘルス/フィットネス】

【動画で学ぶ】太ももに効くダウンドックからのランジ

こんな人は、もしかしたらその原因は遺伝的なものかもしれない。一部の人はもともと脂肪細胞が他の人より多く、筋肉の細胞が少ないことがある、というのがクインシーカレッジのウェイン・ウェストコット博士。でも、もしそうだったとしても諦めないで。このよくやりがちな7つの間違いを犯さなければ、あこがれの太ももも夢ではないかも。

1.目標が現実的じゃない

たった数回のエクササイズでは、太ももを細くすることはできない。「2週間ジムに行けば太ももに線が入ると思っているけれどそんなに簡単ではない」とThriveのトレーナーのショーン・デワイスプラーレ。でも、下半身を週3回筋肉トレーニングすれば、4週間から6週間すれば変化が出てくるはず。

2.太ももを細くさせないものを食べている

もし本当に身体を変えたいと思っているのなら、まずやるべきなのは栄養面を変えること、とデワイスプラーレ氏。「食べるべきはタンパク質、野菜、フルーツや良質な脂質。これが食べるべきもの。これ以外だったら食べない方がよい」。特にタンパク質は必須。筋肉を作り、代謝を上げてくれるので、脂肪を減らしやすくする。

3.有酸素運動が足りない

週3回下半身を鍛える運動をやっているのに、それでも効果が見えないのなら有酸素運動を加えてみて。そんなに運動する時間がない? その場合はスピニングをためして。自転車をこぐ動きは脚を引きしめながら1時間420カロリーから780カロリー燃やしてくれるという。それ以外では、階段を上るなどのステップ運動がよいそう。傾斜をつけたところを歩くことで心拍数が上がり、平らなところを歩くよりも25%多く筋繊維を刺激するそう。

4.ランジが足りない

この家でできる、道具もいらないエクササイズは脚、お尻、太ももを引き締めてくれる。そしてセルライトをやっつけるのにも効果的。年齢が上がるにつれてこのような動きを定期的にやることは大切になってくる。「女性は年齢を重ねるにつれて筋肉を失っていく」とウェストスコット氏。「筋肉の層が薄くなり、弱くなって、やわらかくなる。そしてその上に乗る脂肪の層は、下のしっかり支えてくれる層が弱くなると、しわがよったりデコボコしてしまう」。これがセルライトの原因。太ももの筋肉を鍛えるランジを毎日の習慣にして。

1/2ページ

最終更新:11/23(木) 12:00
Women’s Health

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ウィメンズヘルス

ハースト婦人画報社

世界54カ国以上で愛される、
フィットネス&ライフスタイルメディア。
ワークアウト、フード、ウェルネスなどの
情報を毎日更新でお届けします。