ここから本文です

人気スタイリストが指南!野暮ったく見えない“ブラウン”の着こなし方 [mi-mollet]

2017/11/23(木) 13:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

大好きだった服がどうも最近しっくりこない、似合わない――。そんなお悩みはありませんか? 体型が変わったり、顔色が変わったり、おしゃれ心さえも変わったからかもしれません。もちろん「着ない」選択もあるけれど、まだじたばたしたいのが女心。きっと今の私たちに似合う、とっておきの1枚があるはず。そこで、スタイリスト室井由美子さんが「似合わなくなった」服から脱却できるベストアイテムを指南。皆さまを代表し編集部の川端ことバタやんがお悩みを、スパっと解決してもらいました。

お悩み

Q.顔のくすみが気になるせいか茶色が似合わなくなりました。
「先日、久しぶりに茶色のツィードジャケットを着たら愕然。まるでゴルフ帰りのおじさんのようでした。顔映りが悪く見えたのも気になりました。もう茶色は着ないほうが良いのかも…。」(バタやん)

解決策

A.黄味が入っていないこっくりした茶色なら解決!
「茶色は濃淡もあり、幅が広いカラー。カギは自分に似合う色を見つけること。とは言え、万人に似合うのは赤みがかったブラウン。肌の色を明るくヘルシーに見せてくれます。そんなこっくりとした茶色はどんな色にも馴染む懐の深さも嬉しいところ。中でもベストな相性はブラック。落ち着いた雰囲気を作ります。華やかな柄で女度高めに仕上げれば、『おじさん』と決別できますよ」(室井さん)

顔のくすみが気になり始めたら、黄味がかった茶色やテラコッタ色は避けるのが賢明かもしれません。ブラウン再デビュー組やブラウンビギナーにおすすめです。

クルーネックや丸首よりもVネックがおすすめ。肌感を感じる鎖骨をチラッと覗かせてすっきりした印象に。女性らしさを漂わせるのもブラウン成功の秘訣です。

ハイゲージの上品さに合わせて、相性の良い黒にホワイトの華やかな柄のスカート、ふんわりとしたシルエットで女らしく仕上げます。

ボディにそっと沿う美しいシルエットのニット。Vネックは浅すぎず深すぎず上品さが魅力。

室井流着こなしポイント!

「ヒールのあるパンプスでも可能ですが、重心を下に持たせるためにロングブーツを合わせるとさらにおしゃれ度がアップします」

これもおすすめ!

「『おじさん』にならないコツのひとつが組み合わせ技。女度が高くトレンドでもある“赤”や“レース”などジャケットとギャップがあるものをコーディネートしてみて」

最終更新:2017/11/23(木) 13:00
講談社 JOSEISHI.NET