ここから本文です

その場で簡単にできて効果があるストレス解消法「タッピング」のやり方

11/23(木) 20:12配信

ライフハッカー[日本版]

仕事や恋人や配偶者、ニュースを目にするだけでも、人はストレスを受けます。私の場合、ストレスを感じたら散歩をしながら他のことを考えてストレス解消します。職場の自席に戻った時、恋人と喧嘩をした時も、散歩から戻ったら前よりもそれほど悪くないと思えます。

【画像】その場で簡単にできて効果があるストレス解消法「タッピング」のやり方

先日、Wall Street Journalで専門家が他のストレス解消法についても話していました。ストレスの要因を見極めるとか、呼吸に意識を集中するというようなよくある方法もありましたが、そのなかでも「タッピング」という方法が面白かったのでご紹介します。

認定臨床社会福祉士のJulie Barthels氏が、タッピングのやり方を説明していました。これは「感情の解放テクニック」ともよばれているもので、やり方はいたって簡単です。

最初に、ストレスを感じていることと、そのストレスレベルを1~10の範囲で格付けして、声に出して言います。たとえば、「締切までにこの大きな仕事が終わりそうにないのがストレス」といったことを声に出すのです。

そして、ストレスを感じていることを繰り返し言いながら、頭のてっぺんのところを2本の指でトントンと叩きます。それから、同じことを言いながら、眉上、眉の下、目の下、顎、鎖骨、そして最後に胴の横のところを、同じように2本の指でトントンと叩きます。

終わったら、ストレスレベルが1から10の範囲でどれくらいかを判断します。まだ高いようであれば、ストレスレベルが1と言えるようになるまで、この一連の動作を繰り返します。

「インチキくさいと思うかもしれませんが、効きます」と、Barthels氏はWall Street Journalに語っていました。

私は今週これを試してみましたが、Barthels氏の言う通りでした。これを何度かやると、散歩に行ってストレスのある状況から離れるのと同じ効果がありました。私は自宅で仕事をしているので、会社勤めの人よりもこれがやりやすかったのだと思います。周りの人から見られている会社のデスクでこれができるのかわかりませんが、どこかやりやすい場所で試してみてください。

ストレスを感じてもすぐに解消しなければならない場合は、この方法を知っていれば最終手段として役に立つかもしれません。


Image: only_kim/Shutterstock.com

Source: Wall Street Journal

Emily Price - Lifehacker US[原文]

(訳:的野裕子)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。