ここから本文です

発売から約半年で2万台突破!無印良品『豆から挽けるコーヒーメーカー』ヒットの理由

11/24(金) 9:30配信

@DIME

今年2月の発売から約半年で2万台を売り上げたヒット商品『豆から挽けるコーヒーメーカー』。従来の無印家電とは一線を画すプロスペックマシンが支持を集めた理由とは?

【写真】発売から約半年で2万台突破!無印良品『豆から挽けるコーヒーメーカー』ヒットの理由

◎「旨いコーヒーが飲みたい」その思いを貪欲に追求

「以前にもコーヒーメーカーを販売していたのですが、より良い製品を作るため、販売を中止していたんです。そんな中での新製品の開発は、『コーヒーは豆から挽いた淹れたてが旨い』という基本に立ち返りました」(中川さん)

 コンセプトが明確になると、専門家においしいコーヒーの淹れ方を学び、プロの技術を機械にどう落とし込んでいくか検討を重ねた。

 ポイントは大きく3つ。1つ目は「豆の挽き方」だ。一般的なモデルは、板状のブレードを高速回転させて豆を「砕き割る」ため、粉の大きさにばらつきが出る。それとともに、回転による熱により、豆の劣化が進んでしまうのだ。これを防ぎ、豆を均一に挽くため、鋳物による臼式の「フラットカッターミル」を採用した。

「硬い鋳物の歯は豆の粒子が安定しやすく、動く歯と動かない歯の隙間で粒子のサイズを容易に調整できるのです」(中川さん)

 2つ目が「抽出温度」。豆の味と香りを最も引き出せる87℃の湯温をセンサーで管理。それをキープするため、湯沸かし用と保温用、別々にヒーターを設けた。

「ヒーターが1つだと、タンクから湯をドリッパーまで送る長いチューブが必要になり、沸騰に近い温度まで加熱しなければなりませんでした。そこで、もう1つ、湯沸かし用のヒーターも設け、適正な温度で抽出できるようにしました」(中川さん)

 最後は「ドリップ」。そのキモとなるのが「蒸らし」工程。

「粉の中心部をドーム状に膨らませて、コーヒーの持つガスを適度に抜きつつ、まんべんなくお湯を通していく。この『技』の再現が重要。ハンドドリップでは『のの字』を描くように注ぎますが、同様に外側の壁を壊すことなく、しっかりと粉全体にお湯を行き渡らせたい。そこで考えたのが中心部を狙ってお湯を出す『斜めシャワー方式』でした」(中川さん)

 こうして完成したコーヒーメーカーは、3万円超の高価格帯ながら、話題を集めて大ヒット!

「プロが淹れるようなコーヒーを家で飲む、その時間やそこから生まれる『豊かで感じ良いくらし』の価値に共感していただけたのでしょう。今後は衣生食全体をカバーできる弊社の強みを生かして、コーヒー好きの人を唸らせるような周辺アイテムも充実させたいですね」(中川さん)

●操作パネルは「直感的」

液晶やイラストアイコンを配した操作パネル。迷わず使えるよう工夫した。

●バイブルとなった専門書

『コーヒー「こつ」の科学』(柴田書店)
開発に協力してもらった「ミカフェート」が薦めてくれた、中川さんの参考書。

【中川さんが開発時にめぐらせた思考】

(1)豆から淹れたコーヒーは本当に旨い

(2)バリスタ的な技術を盛り込む必要がある(ハイスペック化)

(3)味わう「ゆとり」までも提案

■プロに学んだ3つの技術を凝縮。無印良品が挑んだ「感じ良い」味わい

『豆から挽けるコーヒーメーカー』3万2000円(税込み)

淹れ方は「豆から」「粉から」「ミルのみ」の3種類、豆の挽き方は5段階から選べる。タイマー付きで、コーヒー豆と水、紙フィルターをセットしておけば、好みの時間に淹れたてコーヒーが味わえる。
〈サイズ〉約W14.5×H34.5×D28.5cm 〈重さ〉約4.4kg

●新たな無印良品流家電?

これまでの無印良品にない黒×ステンレスボディーは、「道具を追求した形」としてプロダクトデザイナーの深澤直人が提案。プロスペックをイメージさせる意匠だ。

《中川さんのこだわりPOINT》

●豆挽きからでも粉からでもOK

豆挽きからドリップまで全自動で行なう以外に、「粉から淹れる」「豆を挽くだけ」機能も付く。ミルとして使い、ハンドドリップで淹れることもできるのだ。

●コーヒー豆を均一に挽く

業務用マシンに使用される高価な鋳物製「フラットカッターミル」を搭載。均一に挽くことで、おいしさを最大限に引き出す。パーツは分解でき、お手入れも簡単。

●プロのドリップを再現

ドリッパー内の粉の壁を崩さず、安定した抽出ができる「斜めシャワー方式」により、粉の量に適した蒸らし&抽出が可能。1杯でも3杯でもベストな旨さ!

●Wヒーターで温度管理

抽出用と保温用、2つのヒーターを搭載し、抽出時のベスト湯温87℃をキープできる。長時間の保温は味を劣化させるため、20分保温後は自動オフする仕組み。

《コーヒー豆も同時に開発!》

『Cafe&Meal MUJI オリジナルブレンドコーヒー豆』
990円(税込み)

まろやかな味わいとすっきりとした後味が特徴。この豆を扱う輸入商社「ミカフェート」の協力も開発の原動力となった。

生産者、栽培方法がわかるグアテマラ、タイ、コロンビアの3農園で収穫された豆を使用する。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIME編集部

最終更新:11/24(金) 9:30
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2018年2月号
12月16日発売

定価890円

スター・ウォーズ「最後のジェダイ」大研究
男のごほうび家電ベストバイ
共働き夫婦の家事シェアのコツ
特別付録 VR進化論2018