ここから本文です

スーパーマリオオデッセイは何が面白いのか

2017/11/25(土) 6:00配信

東洋経済オンライン

物心ついたときからゲームと付き合い続けてきた筆者が、その長いゲーム歴から最新作や過去の名作までもを掘り起こして語り尽くす連載。今回は、「スーパーマリオ オデッセイ」を取り上げる。

この記事の写真を見る

■待望のマリオタイトル「スーパーマリオ オデッセイ」

 今なお品薄が続き、話題の尽きない任天堂の家庭用据え置きゲーム機「Nintendo Switch」から、待望のマリオタイトル「スーパーマリオ オデッセイ」が10月27日に発売された。

 マリオと言えば任天堂ハードのローンチタイトル(ハードと同時発売のタイトル)というイメージが強く、スーパーファミコンでは「スーパーマリオワールド」、Nintendo64では「スーパーマリオ64」、そしてWiiUでは「New スーパーマリオブラザーズ U」など、ハードを牽引するタイトルとなる場合が多い。

 一方、Wiiや3DSなどではマリオの名前の入ったローンチタイトルはなく、任天堂ハードのローンチ=マリオという図式は近年では成り立っていない。それでもマリオの名を冠したゲームは、そのハードを代表するタイトルとなるべく、力の入った作品であることは言うまでもない。

 今回のスーパーマリオ オデッセイは、スーパーマリオ64以降、スーパーマリオサンシャイン、スーパーマリオギャラクシーシリーズ、スーパーマリオ3Dシリーズに続く、3Dアクションマリオシリーズの系譜である。

 ここからはネタバレを含む点をあらかじめお断りしておきたい。

 主なストーリーは、マリオの宿敵であるクッパがピーチ姫をさらい、結婚式をあげようとする。それをマリオと、そしてクッパに妹をさらわれた、帽子のキャッピーが共に協力してクッパを倒しに向かうというものだ。

■マリオ相棒、帽子のキャッピー

 今回のマリオでは、相棒である帽子のキャッピーを投げることで敵を倒したり、コインをとったり、足場にしてジャンプをしたりといったアクションをこなすことができる。またキャッピーを一部の敵キャラやオブジェクトなどに投げてかぶせることで、その相手をキャプチャーして、特有の特別な能力を使うことができるようになる。

 プレーヤーはマリオを操作し、キャッピーの能力を活かしながら、たくさんの国々を巡ってクッパを追いかけることとなる。

1/7ページ

最終更新:2017/11/25(土) 6:00
東洋経済オンライン

東洋経済オンラインの前後の記事