ここから本文です

佐藤勇人&寿人は双子で「親友」。性格は正反対、サッカー愛は同じ。

11/25(土) 11:31配信

Number Web

 双子として生まれ、同じクラブでプロデビュー。揃って代表戦のピッチに立った。
しかし今、2人は明と暗に分かれている。それでも彼らは常に支え合い、
遠く離れていてもその絆が絶えることは決してなかった――。
サッカーに導かれた兄弟の知られざる物語。

 11月26日開催のJ1昇格プレーオフ準決勝、
名古屋グランパスvs.ジェフユナイテッド千葉を前に、
Number843号(2013年12月12日発売)より全文公開します! 

 2012年11月、30歳にもなる2人の男が揃いも揃って泣いた。

 2人は双子だが、流したのは同じ涙ではない。兄の佐藤勇人は悔し泣き。弟の寿人は嬉し泣き。ジェフユナイテッド千葉の勇人は3季連続でJ1昇格を逃した悲劇の渦中で、サンフレッチェ広島の寿人は悲願のJ1初制覇を成し遂げた歓喜の輪の中で、それぞれの素直な感情に従って涙をこぼした。11月23日には勇人、翌24日には寿人の泣き顔がヤフーニュースのトップを飾り、2人の明と暗は残酷なほど鮮やかに、くっきりと分かれた。

 人生ってすげーな。

 そう思いながら勇人は、「過去最高」の苦しみに耐えかねてどこまでも落ちた。

 「誰にも会いたくなかったし、誰とも話したくなかった。なんで負けたんだろう。なんで俺はJ1に上がれないんだろうって、ずっとそんなことばかり考えていました」

「再来年はJ1の舞台で兄弟対決ができることを……」

 会わなくても、話さなくても気持ちを察することはできる。しかしさすがの寿人も、今回ばかりはどんな言葉を掛ければいいのか分からなかった。メールを送ったが、それだけでは足りない。だから数日後、Jリーグアウォーズの壇上で素直な気持ちを言葉にした。

 「兄の勇人は、子どもの頃から僕のシュート練習に付き合ってくれました。そのおかげで今の僕があると思います。来季、千葉は残念ながらJ2で戦うこととなりましたが、再来年はJ1の舞台で兄弟対決ができることを願っています」

 その言葉が、左膝半月板の手術を終えたばかりの勇人を奮い立たせた。

 「ベッドの上にいたので、知人から聞きました。嬉しかったし、このままじゃダメだ、寿人に追いつかなきゃって思いましたね」

 プロの世界に飛び込んでから14年、サッカーを始めてから25年、いや生まれてからずっと、2人は声を掛け合い、お互いの存在を発奮材料として支え合ってきた。勇人がサッカーに嫌気が差した時も、寿人がJ2降格の現実に直面した時も、勇人が移籍を決断する時も、寿人が代表で不遇をかこった時もそう。兄は弟にとって、弟は兄にとって無二の理解者だった。

1/6ページ

最終更新:11/25(土) 11:31
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

941号
12月6日発売

定価590円(税込)

銀盤の決闘。~BATTLE FOR PYEONGCHANG 2018~

【ソチからの4年間】 羽生結弦「王者は何度も甦る」
プルシェンコが語る男子フィギュア新時代