ここから本文です

メドベージェワ、GPファイナル辞退 宮原知子が繰り上がり出場…国際スケート連盟発表

2017/12/1(金) 22:11配信

THE ANSWER

右足中足骨骨折の世界女王がGPファイナル欠場、代役に宮原、樋口とともに出場へ

 フィギュアスケートの世界選手権2連覇中の女王、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)がグランプリ(GP)ファイナル(7~10日・名古屋)の欠場が決まった。代わって宮原知子(関大)が繰り上げで出場すると、国際スケート連盟が発表した。

【画像】セーラームーンに続き、赤&ピンクの“美浴衣”競演…本田がインスタグラムで公開した「ファッション誌の表紙みたい」なメドベージェワとの2ショット写真

 メドベージェワはGPシリーズの初戦ロシア杯、第4戦NHK杯と連勝。しかし、痛めていた右足についてNHK杯後にMRI検査を受けた結果、右足中足骨のヒビが判明していた。

 メドベージェワ自身は3連覇がかかるGPファイナル出場に意欲を燃やしていたが、国際スケート連盟は「エフゲニア・メドベージェワはグランプリファイナルを辞退、サトコ・ミヤハラが代わって出場する」と速報。状態を考慮して辞退を決断した模様だ。

 メドベージェワは世界選手権を2連覇中。来年2月の平昌五輪でも金メダルの最有力候補に挙げられていた。

 一方、宮原はGPシリーズ最終戦のスケートアメリカで故障から復活V。日本勢ではGPファイナルは樋口新葉(日本橋女学館高)とともに2人が出場することになった。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:2017/12/1(金) 22:37
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。