ここから本文です

“死の組”を回避した日本、気になる勝ち抜けオッズは?

2017/12/2(土) 2:56配信

SOCCER DIGEST Web

下馬評ではグループ4位ながらその差は僅か。

 第1ポットの8か国すべてがおそらく避けたかったであろう第2ポットのスペインを“引き当てた”のは、ポルトガルだった。しかも、初戦での対戦。大会序盤から熱い戦いが期待できそうだ。

【ロシアW杯】出場32か国の基本フォーメーションを一挙公開!

 FIFAランクで20位以内の国が3つ固まったのはグループCのみ。ただ厳しさという点では、アルゼンチン、アイスランド、クロアチア、ナイジェリアの4チームが入ったグループDが上だろう。

 英国の大手ブックメーカー『ウィリアムヒル』社の勝ち抜けオッズでは、アルゼンチンが1.40倍、アイスランドが4.33倍、クロアチアとナイジェリアが13.00倍となっているが、FIFAランク41位のナイジェリアは、11月14日の親善試合でアルゼンチンに4-2の逆転勝利を飾っている。本大会でも番狂わせが起きる可能性は低くない。

 同じくドイツ、メキシコ、スウェーデンが同居するグループFも予想が困難だ。こちらの勝ち抜けオッズは、ドイツが1.33倍、メキシコとスウェーデンが6.50倍、韓国が21.00倍となっている。韓国にとっては非常に厳しい組み分けになったと言わざるを得ないだろう。

 日本が入ったグループHは、他グループと比較すると4か国の力が拮抗しており、これはこれで勝ち抜け予想が難しいと言えるだろう。それはオッズにも表われており、コロンビアが2.37倍、ポーランドが2.50倍、セネガルが6.00倍、日本が9.00倍という結果になっている。


グループA
1 ロシア(FIFAランク:65位)/2.75倍
2 サウジアラビア(FIFAランク:63位)/26.00倍 
3 エジプト(FIFAランク:30位)/7.00倍
4 ウルグアイ(FIFAランク:17位)/1.80倍

グループB
1 ポルトガル(FIFAランク:3位)/2.75倍
2 スペイン(FIFAランク:8位)/1.50倍
3 モロッコ(FIFAランク:48位)/26.00倍
4 イラン(FIFAランク:34位)/26.00倍

グループC
1 フランス(FIFAランク:7位)/1.28倍
2 オーストラリア(FIFAランク:43位)/34.00倍
3 ペルー(FIFAランク:10位)/10.00倍
4 デンマーク(FIFAランク:19位)/5.00倍

グループD
1 アルゼンチン(FIFAランク:4位)/1.40倍
2 アイスランド(FIFAランク:21位)/4.33倍
3 クロアチア(FIFAランク:18位)/13.00倍
4 ナイジェリア(FIFAランク:41位)/13.00倍

グループE
1 ブラジル(FIFAランク:2位)/1.25倍
2 スイス(FIFAランク:11位)/6.50倍
3 コスタリカ(FIFAランク:22位)/26.00倍
4 セルビア(FIFAランク:32位)/9.00倍

グループF
1 ドイツ(FIFAランク:1位)/1.33倍
2 メキシコ(FIFAランク:16位)/6.50倍
3 スウェーデン(FIFAランク:25位)/6.50倍
4 韓国(FIFAランク:62位)/21.00倍

グループG
1 ベルギー(FIFAランク:5位)/2.00倍
2 パナマ(FIFAランク:49位)/21.00倍
3 チュニジア(FIFAランク:28位)/11.00倍
4 イングランド(FIFAランク:12位)/2.20倍

グループH
1 ポーランド(FIFAランク:6位)/2.50倍
2 セネガル(FIFAランク:32位)/6.00倍
3 コロンビア(FIFAランク:13位)/2.37倍
4 日本(FIFAランク:44位)/9.00倍

最終更新:2017/12/2(土) 3:16
SOCCER DIGEST Web