ここから本文です

松田聖子 ケガから4カ月…迫る5万円ディナーショーの重圧

2017/12/4(月) 11:02配信

女性自身

58年に創刊され、多くの芸能人が登場してきた『女性自身』が2800号をむかえた。彼らは今、何をしているのか。“意外なその後”を大追跡!

今年7月の武道館公演直前に腰と背中を強打し、ステージではイスに座って歌唱していた松田聖子(55)。その後も車いすで移動する姿が目撃され、心配の声があがっていた。

そんななか、11月中旬。東京・世田谷区内にある聖子の自宅に、女性ダンサー3人が入って行った。11月22日から始まったディナーショーのリハーサルを自宅でやるようだ。

「武道館公演の前に強打した腰と背中が、まだ完治してないようです。そのため、自宅でのリハーサルとなったのでしょう。4万9,500円もするディナーショーも、相変わらずのプラチナ・チケットぶり。なんでもショーの中身を変えるとファンからクレームが殺到するそうで、昨年と同じ内容だそうですが……」(興行関係者)

年末のステージを、無事乗り切ることができるのだろうか。

最終更新:2017/12/4(月) 12:55
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2805号・1月16日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

元・愛内里菜 長男置いて社長と不倫旅行!
南果歩 渡辺謙と離婚交渉の開始報道を否定
広瀬すずが通うプロ顔負けキックボクシング