ここから本文です

消えるオバマレガシー 米国で金融規制、緩和加速へ

2017/12/4(月) 15:23配信 有料

週刊東洋経済

消えるオバマレガシー 米国で金融規制、緩和加速へ

CFPB局長を辞任するコードレイ氏。オバマ前大統領のレガシーがまた1つ消える(ロイター/アフロ)

<2017年12月2日号> 米国で金融規制緩和が加速しそうだ。

11月15日、米国消費者金融保護局(CFPB)のリチャード・コードレイ局長(58)が、来年夏の任期満了を前に、11月いっぱいで辞任すると発表した。

同氏は来年11月の中間選挙時に行われるオハイオ州知事選挙への出馬がささやかれており、辞任はそれが理由ともいわれる。ただ、金融分野の消費者保護を果敢に進めてきた同局長の退任に、トランプ大統領が安堵しているのは確かだろう。 本文:1,053文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

肥田 美佐子 :ニューヨーク在住ジャーナリスト

最終更新:1/29(月) 15:51
週刊東洋経済