ここから本文です

牛尾治朗 その4(全4回) リーダーは不在だったが国民の生活は豊かに

12/4(月) 15:23配信 有料

週刊東洋経済

牛尾治朗 その4(全4回) リーダーは不在だったが国民の生活は豊かに

うしお・じろう●1931年生まれ。東京大学法学部卒業、米国留学などを経て64年にウシオ電機を設立。経済同友会代表幹事、経済財政諮問会議議員などを歴任し財界でも長年活躍。(撮影:今 祥雄)

規制緩和にしても、経営のグローバル化にしても、その源流をたどると、土光敏夫さんが会長をされた1980年代の第2次臨時行政調査会(土光臨調)に行き着くと思う。実際に土光臨調に加わって改革を推進した私の実感です。

抵抗の大きな案件でも、土光敏夫という大物経営者が一肌脱げば、「彼のような男がやるなら」と周囲を巻き込んだ。土光さんだったから国鉄(日本国有鉄道)や電電(日本電信電話公社)の民営化も実現した。今はそんなシンボリックな経営者はいないでしょう。平成という時代は、経済のリーダー不在の時代だった。 本文:921文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:12/8(金) 21:56
週刊東洋経済