ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

2017年J1ベストイレブン。Fチャン編集部が選定、リーグ彩った名手たち

2017/12/5(火) 12:17配信

フットボールチャンネル

川崎フロンターレの劇的な逆転優勝で幕を閉じた明治安田生命J1リーグ。今季はどのような選手たちの働きが目立っただろうか。今回は、フットボールチャンネル編集部が選んだ2017シーズンJ1リーグのベストイレブンを発表する。

【Jリーグ】登録選手・加盟クラブが支払った代理人報酬ランキング

リーグ最少失点を記録した磐田のポーランド人守護神

GK:カミンスキー(ジュビロ磐田)
1990年11月26日生まれ
33試合出場28失点

 ポーランド出身の守護神は、今シーズンも磐田のゴールに鍵をかけた。安定したセービング技術はどんなシュートでも止められるのでは、と思うほど。守備範囲も広く、ゴールから離れて対処することを躊躇わない。

 チームは守備面で大きな成長を遂げたが、最後尾にカミンスキーがいる安心感も見逃せない。名波浩監督からの信頼も厚く、大井健太郎が不在のゲームではキャプテンマークを巻いた。

鹿島守備陣の要。国内最高峰のCBに

DF:昌子源(しょうじ・げん/鹿島アントラーズ)
1992年12月11日生まれ
34試合出場1得点

 鹿島を支える守備の要は、全試合フル出場を達成。日本代表の一員としてロシアW杯アジア最終予選を戦う中でもコンディションを維持し、質の高いプレーを見せたことは称えられるべきだ。

 常勝を義務付けられるチームにあって、2位で終えた今シーズンの結果に責任を感じているだろうが、昌子は国内最高峰のCBとして最後まで戦い抜いた。彼個人の評価が下がることはない。無論、昌子は自身の評価より鹿島のタイトルを臨んでいるはずだが。

新生フロンターレを後方から支えたDF

DF:谷口彰悟(たにぐち・しょうご/川崎フロンターレ)
1991年7月15日生まれ
34試合出場7得点

 守備の肉付けが川崎Fをより強いチームに進化させ、リーグタイトル獲得に繋がったのなら、谷口の貢献度は非常に高い。全試合にフル出場し、7ゴールと攻撃面でも力を示した。

 CBとしてはもちろんボランチでもプレーし、最後まで優勝を諦めないチームを後ろから支えた。的確なビルドアップで攻撃の出発点となり、力強い守りで守備の安定に一役買った。今回の一冠が谷口に何をもたらすのか楽しみである。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)