ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

»»Part2 関西・東海編 難波にインバウンド客が殺到

2017/12/6(水) 15:00配信 有料

週刊東洋経済

<2017年12月9日号> 人口流入が続く首都圏と異なり、都市部でもすでに人口減少の動きが見える関西。総務省が4月に発表した2016年10月時点の人口推計では、2府4県(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山)のすべてで人口が減少した。ただ、ほかの都道府県からの転入者と転出者の差を総人口で割った「社会増減率」では、大阪府と京都府のみプラスとなり、関西地方でも格差が生まれている。

りそな総合研究所大阪本社の荒木秀之・主席研究員は、「全体として関西の人口は減っているが、大阪市や京都市といった『核』となるエリアに人が集中している」と、現状を解説する。 本文:3,179文字 写真:5枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

小佐野 景寿 :東洋経済 記者

最終更新:1/29(月) 15:51
週刊東洋経済