ここから本文です

小美玉市(茨城県) 外国人客"素通り"の機会損失

2017/12/6(水) 7:00配信 有料

週刊東洋経済

<2017年12月9日号> 東京から北東に約80キロメートル離れた茨城県小美玉(おみたま)市。2006年に同県の東茨城郡小川町、美野里(みのり)町と新治(にいはり)郡玉里(たまり)村とが合併して誕生した人口約5万人の街だ。

小美玉市は南で霞ヶ浦に面している。西にはJR常磐線、常磐自動車道が通っており、東に航空自衛隊の百里基地と10年3月に開港した茨城空港がある。

市内の産業としては農業や酪農が盛んだ。ニラやイチゴ、メロン、卵、生乳、ヨーグルトなどが主に東京に向けて出荷されている。 本文:1,382文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

牧野 知弘 :不動産事業プロデューサー

最終更新:2018/1/29(月) 15:51
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

もっと見る