ここから本文です

米国政界にも波及した セクハラ告発のジレンマ

2017/12/6(水) 7:00配信 有料

週刊東洋経済

米国政界にも波及した セクハラ告発のジレンマ

米ピクサーのクリエーティブ部門トップ、ジョン・ラセター氏(中央)は、自ら半年の休職に入った(ロイター/アフロ)

<2017年12月9日号> 米国では最近、セクハラで訴えられた有名人が、毎日のように職を追われている。

本稿執筆時の11月20日過ぎには、テレビのアンカーとして米国放送界でトップの座にあったチャーリー・ローズ氏がCBSから解雇された。また、『トイ・ストーリー』や『アナと雪の女王』などの巨大ヒットアニメ映画を生み出した、ピクサーのクリエーティブ部門トップ、ジョン・ラセター氏も、自ら半年の休職に入った。

セクハラの訴えはとどまるところを知らない。有名ジャーナリストや俳優、連邦議会議員までが、過去の悪行を次々と暴かれている。 本文:1,707文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

瀧口 範子 :ジャーナリスト

最終更新:1/29(月) 15:51
週刊東洋経済