ここから本文です

顔を洗うだけじゃダメ?化粧水って使わないといけないのですか?

2017/12/7(木) 12:05配信

Suits-woman.jp

いよいよ師走です。日々のお肌の最低限のお手入れ、ちゃんとしてますか?忘年会シーズンだとうっかりメイクを落とさず寝てしまったり、二日酔いで朝は水でざっと洗うだけとか、何かとスキンケアを手抜きしてしまいがち。化粧水とか、手抜きしていいかなあ?と思ってしまう方もいらっしゃるでしょう。

化粧水がスキンケアの中でしめる位置や重要性

そもそも、モイスチュアバランスという考え方を軸に化粧品は作られています。角層にもともと存在するのは、皮脂(油)、汗(水)、NMF(アミノ酸(保湿剤))です。そのため、角層の皮脂・汗・NMFのうち足りないものをスキンケア化粧品で模擬し油分・水分・保湿剤で補うという考え方をとっています。

化粧水はその中でも水分、保湿剤でつくられているものが多く、一部にマイクロエマルジョンといって油分を水の中に分散させたものなどで作られます。乳液やクリームで油分をしっかり補う前に、モイスチュアバランスに必要な水分と保湿剤を補っておく事は非常に重要です。

また、コップを肌に見立てて単純に考えると、お肌をうるおすためにはコップに水をそそぐという水分と、その上にラップをして蒸発させないようにする油分が必要です。そのために、コップに最初に水をそそぐという行為が必要なのです。

また、日本の化粧水は単純に水分を足すだけではなく肌を柔らかくする物も多く存在し、柔軟化粧水とよばれています。畑も耕さずに植えても育たないように、お肌も化粧水で柔らかく耕しておいてから美容成分を入れ込んでいくという考え方もできます。

どのような化粧水を選べばいいのか、コスメコンシェルジュがおすすめをご紹介しましょう。

「乾燥」「美白」「毛穴」それぞれのケアに適した化粧水を

(1)乾燥
水分+保湿剤だけではなく、油分が入った物がおすすめです。

マイクロエマルジョンタイプ(化粧水に油が分散している超微細乳化)
・コーセー 雪肌精 新商品のしっとりタイプ
・アルビオン スキコン
・エリクシール モイストエマルジョン(しっとりタイプ)

高圧乳化タイプ(高圧下で油分を水の中に押し込む乳化)
・コスメデコルテ リポソーム トリートメントリキッド

オイルインタイプ
・ヘレナ ルビンスタイン プロディジー リバーシス ローション


(2)美白
通常の美白美容液はシミ予防です。できてしまったシミには、初期段階でなければ効果がありません。色素還元効果がある美白剤はビタミンCとハイドロキノンだけなので、そのあたりがこの時期の定着してしまったシミにはおすすめです。

APPS(100倍浸透性が高いビタミンC)
・ナリス エンリッチローション APPSの粉を直前にとかして入れれるので効果大。
・ドクターシーラボ APPSローション APPSは反応性が高いが上手に調整して混合している。回転率の高そうなお店で購入し、購入後すみやかに使用するのがいい。

高濃度ビタミンC誘導体
・オバジ 吸収がいい高濃度ビタミンC誘導体美容液
・VC100 フューチャーセラム APPSも入った高濃度ビタミンC誘導体美容液

ハイドロキノン
・ロート製薬 ハイドロキノンDRX ロート製薬が開発した、かぶれにくい美容液タイプのハイドロキノン。ハイドロキノン4%含有、皮膚科でのみ購入できるものです。


(3)毛穴
毛穴を小さくすることはできませんが、表面に塗布し、その冷感で一時的に収縮することは可能です。そのため朝の使用がおすすめです。

収れん化粧水
・ベネフィーク フォルムトーニングローション
 冷やして収れんさせた毛穴の状態を形状記憶できます。1日持つ可能性もあります。
・クラシエ モイスタージュ エッセンスローション
 コスパがいいです。

ピーリング化粧水(ピーリングにより肌の代謝をたかめ、新たな毛穴を作り直させて小さくする)
・クレンジングリサーチ クリア ローション AHAというとってもやさしいピーリングなので毎日使っても問題ない
・ラボラボ スーパー毛穴ローション ピーリング以外にも収れんや皮脂抑制効果もあり、皮脂がでやすい若い世代にもおすすめ。

たるみ毛穴
・レストジェノール スキンボリューム ウォーター たるみ毛穴に特化した化粧水


ご自分の肌悩みに合わせた化粧水を取り入れて、素敵なホリデーシーズンを迎えてくださいね。


☆☆☆


化粧水は保湿の前に必ず使いましょう。選び方は「乾燥」「美白」「毛穴」のどのアプローチを望むかで変わってきます。同じラインの基礎化粧品を使う、というのも一つの選択肢ですよ。


(教えてくれた人/小西さやかさん)
コスメコンシェルジュ。化粧品の研究や開発に携わってきたスペシャリスト。現在は、一般社団法人日本化粧品検定協会を設立。代表理事として、美容コラムの執筆、日本流行色の選定、メイクアップトレンドカラー本の監修を行なっている。最新著書は『レディのルール』。

最終更新:2017/12/7(木) 12:05
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。