ここから本文です

8つのランキングで分析 首都圏私鉄路線を徹底比較

12/7(木) 7:00配信 有料

週刊東洋経済

自分が利用する鉄道路線はほかの路線と比べて快適なのか、運賃は安いのか、気になる人は多いだろう。そこで首都圏の大手私鉄各社の戦略や主要路線の実力を徹底比較してみた。

Ⅰ 通勤・通学でイライラする路線は? 
小池百合子・東京都知事は「満員電車ゼロ」を掲げて当選を果たしたが、混雑が緩和されたという話はまったく聞かない。

国土交通省によれば2016年度の朝ラッシュ時混雑率のワースト1位は東京メトロ東西線の199%。混雑が激しいJR総武線のバイパス線として建設されたが、今や総武線の混雑率を上回る。混雑対策の決定打はなく、東京メトロも駅の乗り降りに伴うストレス軽減へドアの幅が広いワイドドア車両を導入するのが精いっぱいだ。 本文:4,621文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

大坂 直樹 :東洋経済 記者

最終更新:12/8(金) 21:56
週刊東洋経済