ここから本文です

失敗は教訓を得るチャンス 「失敗に学ぶ」人材育成

12/7(木) 7:00配信 有料

週刊東洋経済

失敗は教訓を得るチャンス 「失敗に学ぶ」人材育成

【今週の眼】太田聰一 慶応義塾大学経済学部教授

この1年を振り返ったとき、失敗した経験を思い出すこともあるだろう。筆者の場合、講義での説明が間違っていて講義後に学生に指摘され、翌週慌てて訂正したことがあった。汗顔の至りだが、ほとんどの人も1年の間に大なり小なり失敗を経験しているのではないかと思う。

失敗を糧にして学ぶことは重要だ。それは、同じ失敗を繰り返さないで済むという消極的な理由だけでなく、「失敗は成功のもと」「災いを転じて福となす」ということわざが示すように、失敗が成功への近道になることすらあるからだ。だからこそ、失敗を扱ったテレビ番組や書籍が支持を集めるのだろう。しかし、失敗から学ぶのは意外と難しい。というのも、自分の失敗を認めることは、多くの人にとって困難を伴うからだ。 本文:1,229文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

太田 聰一 :慶応義塾大学経済学部教授

最終更新:12/8(金) 21:56
週刊東洋経済