ここから本文です

初心者でも火傷しない「最強株」60銘柄リスト

2017/12/7(木) 5:00配信 有料

文春オンライン

初心者でも火傷しない「最強株」60銘柄リスト

東京証券取引所

この秋、株価は伸びたが、やはり投資は不安という読者も多いだろう。そこで小誌は「暴落に強い株」を割り出してみた。3つの指標でデータを分析、過去の暴落時の実績と今後の暴落に備える視点で選んだ。長期投資には、ぜひ参考にしてほしいリストを一挙公開する。

◆ ◆ ◆

 日経平均株価は、11月半ばに2万3000円台を付け、25年振りの水準まで上げた。しかしこの先を見ると、北朝鮮有事、トランプ政権のスキャンダル、ニューヨーク株式市場のバブルなど、リスクの懸念が消えたわけではない。

「世界経済の先行きも混沌としています。リーマンショック後に、先進各国は、消費を刺激する景気対策を長く続けてきましたが、来年にはそれが一巡する。先進国で賃上げが進まないため、恒常的に消費が増えることも考えにくく、世界経済は一進一退になる可能性があります」(投資インストラクターの大岩川源太氏)

 株式市場は、10年、20年の長期で見れば、波乱や暴落は必ず起きるものだ。

 コモンズ投信の伊井哲朗社長はこう話す。

「投資の初心者が、株価の値動きに右往左往して短期で売買を繰り返しても成果にはつながりにくい。株価はその時々の状況を反映して刻々と変化する。その分析はプロでも難しい。市場や社会の変化を長期的に乗り越えて成長する強い企業にお金を託すつもりで投資する姿勢が大切です」

 投資にあたって、大きな心配のひとつは暴落リスクだろう。リーマンショックもITバブル崩壊もそれほど昔の話ではない。

 では暴落に強く、10年、20年の長期投資にふさわしい銘柄を見つける方法はあるのだろうか。 本文:6,781文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

「週刊文春」編集部

最終更新:2017/12/8(金) 18:20
記事提供期間:2017/12/7(木)~2018/4/7(土)
文春オンライン