ここから本文です

「この大会に雑魚はいない」 クラブW杯開催国王者・守護神がACL優勝の浦和を警戒

2017/12/8(金) 8:30配信

Football ZONE web

アルジャジーラがGKハシーフの活躍で開幕戦勝利 準々決勝でアジア王者浦和と激突

 AFCチャンピオンズリーグを制覇してアジア王者に輝いた浦和レッズは、9日にUAEのアブダビで行われるFIFAクラブワールドカップ(W杯)で、開催国王者アルジャジーラと対戦する。6日の大会開幕戦でオセアニア王者のオークランド・シティを1-0で下したUAE王者の守護神は、準々決勝の浦和戦を前に「この大会に雑魚はいない」と闘志をたぎらせている。FIFA公式サイトが報じた。

【動画】中東メディアも驚愕「芸術的アート」 ACL決勝、浦和サポーターが披露した壮観なコレオグラフィーの様子(試合ハイライト付き)

 開幕戦は、アルジャジーラが日本の岩田卓也が所属するオークランド・シティに猛攻を受けた。シュート数で5対17と圧倒されたが、守護神でキャプテンのアル・ハシーフが好セーブを連発。チームに勝利をもたらし、この試合の最優秀選手に選出された。

「私は神様とゴールキーパーコーチのマヌエル・アルムニアの導きでこの仕事ができた。彼は練習場で私に大きな勇気を与えてくれる。チームメイトのパフォーマンスもモチベーションの源になったんだ」

 ハシーフはアラーの神と、現役時代にアーセナルで活躍した元スペイン人GKに感謝を捧げた。アルムニア氏はGKコーチとして戦略家テン・カテ監督の右腕役を務めている。

「浦和がどんなことができるのか見てきた」

「試合中も若手に経験を伝えようとした。多くの選手はこのレベルでの戦いは初めてだったからね」と振り返ったハシーフ。次なる敵・レッズとの戦いに向けて決意表明も行っている。

「このトーナメントに雑魚などいない。我々はアジア・チャンピオンズリーグで浦和がどんなことができるのか目の当たりにしてきた。今、我々は恐怖心に打ち勝った。名誉とともにUAEのフットボールを代表しなければいけない」

 開催国王者として、ハシーフは日本の“赤き戦士たち”との激突に闘志をたぎらせている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:2017/12/8(金) 11:54
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新