ここから本文です

「結婚を妨害する親」に38歳娘はこう抵抗した

12/8(金) 6:00配信

東洋経済オンライン

 両親の仲が悪かったので結婚生活にいいイメージが持てず、積極的に婚活をする気にもなれない――。独身者への取材をしているとこんな本音を聞くことが少なくない。親と自分はもちろん別人格だけど、親が良くも悪くも最大のロールモデルであることは否めず、「自分も結婚したら親のようになってしまうのではないか」と不安に駆られるのだ。

 親からの悪影響がもっと露骨に出てしまうケースがある。いわゆる“毒親”問題だ。子どもの人格を認めず、いつまでも子離れができない。そんな親がいると、「好きな相手に迷惑をかけたくない。身内の恥を見られたくない」とマイナス思考になってしまう。

■まるでストーカーのような両親

 愛知県に住む佐々木由佳さん(仮名、42歳)は、過干渉の両親が主因で婚約破談と離婚を1回ずつ経験。現在の夫である章一さん(仮名、42歳)とも交際して結婚に至るまで6年間もの歳月を要した。この夏に入籍し、「精神的にすごく落ち着いた」と喜びをかみしめている由佳さんと愛知県内の中華料理店で会い、長きにわたる苦闘の日々を振り返ってもらうことにした。

 「金融機関で働いていた25歳のとき、同期の恋人と結婚するつもりでした。でも、うちの両親は理由もなく大反対。彼も若かったので『あんな人たちと話しても仕方ない。逃げ出して来いよ。オレを頼ってくれ』と言い出しました。当時の私はとにかく親から逃げたかったので、実家を無断で出て彼と同棲を始めたんです。うちの親は半狂乱になって、私たちが勤めている会社や彼の実家、私の友達に電話をかけまくりました。うちの娘をどこに隠したのか、と。追い詰められた彼は『オレには無理。自分で何とかしてほしい』とさじを投げました」

 まるでストーカーのような両親である。やっかいなのは父親と母親の仲は決して悪くなく、むしろ「変わり者同士」で結束が固いことだ。自分たちのきょうだいや親戚とは疎遠で、ほかに友達もいない。由佳さんによれば、「上に立ちたい」という気持ちが強すぎるため、周囲と対等で親しい関係性を結べない。夫婦だけで社会から孤立している。

 「両親も本当は友達が欲しいのだと思います。よく行く飲食店で店長さんなどを気に入っては飲みに誘っているようです。でも、プライベートでお店での気遣いを続けることはできませんよね。親はそれに腹を立てて、しばらく経つと絶縁してしまうんです」

1/5ページ