ここから本文です

表参道で完全個室のおこもりデート!2人で温まれる絶品鍋!

2017/12/8(金) 5:20配信

東京カレンダー

人肌恋しくなるこの季節のデートなら、しっぽり個室で鍋を囲んで温まりたいもの。

そんなデートにうってつけなのが、今回紹介する表参道駅すぐの『青山 彩』。階段を下って扉を開けば、樽型の完全個室が並ぶムーディーな空間。

【この記事の全ての写真】

名物「イベリコ豚のつゆしゃぶ」の美味しさとともに、同店の魅力をお伝えしよう。

表参道至近に広がる非日常空間

表参道の交差点からすぐの細い路地に『青山 彩』はある。この店常連の遊び慣れた大人たちのなかには、芸能人も多数。

彼らが『青山 彩』を選ぶ最大の理由は、非日常的なプライベート空間が楽しめることにあるだろう。扉を開けた瞬間に広がる光景に、誘われた人の期待値もグッとあがるはず。

なんと出迎えるのは酒樽を使った個室空間。行燈が照らす石畳という非日常的な空間に、テンションが自然に上がってしまう。

名物「イベリコ豚 つゆしゃぶ」が絶品。一度食べたらリピート必至

雰囲気ばかり良くて、料理は微妙……という店も少なくないが『青山 彩』は料理の味も抜群に美味しい。同店名物は「イベリコ豚のつゆしゃぶ」だ。

通常しゃぶしゃぶは、昆布出汁に牛肉をくぐらせるが、ここではそばつゆのような出汁に、スペイン産のイベリコ豚をくぐらせるという斬新なスタイルである。

これがとにかく絶品で、クセになる美味しさ!常連たちはこの味に惚れ込み、次の予約を入れてから帰って行くほど。

出汁と白ネギがイベリコ豚の美味しさを引き立てる

まず特徴的なのは出汁。カツオやさば節などを使い、九州の醤油を加えて作られる出汁は、そばつゆのような優しい甘さを感じ、イベリコ豚の持つ良質な脂の甘みと最高に合う。

まずはそのまま何もつけずにいただこう。イベリコ豚のコクが出た濃いめの出汁がたまらなく旨い!

一緒に鍋に入れるのは、白ネギ。この白ネギが出汁にさらなる甘みをプラスする。最初からついてはいるが、さらに大量に入れたくなるマッチングだ!

この「白ネギ」(300円)の追加オーダーも、「イベリコ豚」(100g 1,200円)と同じくらい人気だという!

つけだれで、何度か味変させて楽しもう!

斬新なのは出汁だけではない。つけダレはなんと卵と柚子胡椒である。

まずは、出汁にくぐらせたままの状態で、イベリコ豚の美味しさをダイレクトに味わってみて欲しい。

その後は、溶いた地養鶏の卵に付けて、召し上がれ。イベリコ豚の持つ上質な脂肪と赤身の甘みを、卵のまろやかさが引き立ててくれる。

1/2ページ

最終更新:2017/12/8(金) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)