ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

海外や中途の人材が増加 岐路を迎える幸之助イズムの伝承

2017/12/9(土) 7:00配信 有料

週刊東洋経済

<2017年12月16日号> 「産業人たるの本分に徹し、社会生活の改善と向上を図り、世界文化の進展に寄与せんことを期す」

パナソニックの創業者・松下幸之助が1929年に制定したこの綱領を、同社の社員で目にしないものはいない。今でも朝礼や集会などでこの綱領に加え、信条と7精神の3つを唱和するのが日課になっている拠点は多い。

同社における幸之助イズムの教育は徹底している。新卒社員には採用が内定した時点で『実践経営哲学』など代表的な著書が配付され、昇進の段階ごとに研修メニューも用意されている。「宗教のようだと揶揄されることもあるが、盲目的に崇拝しているのではない。社内の共通言語として判断の拠り所になっている」(歴史文化コミュニケーション室の中西雅子氏)。幸之助の理念こそ、27万人の社員と35の事業部を束ねる巨大組織の求心力となってきたのは紛れもない事実である。 本文:1,221文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

印南 志帆 :東洋経済 記者

最終更新:1/29(月) 15:35
週刊東洋経済