ここから本文です

パナソニック 次の100年に必要なこと(2) Interview | 入山章栄●早稲田大学准教授

2017/12/9(土) 7:01配信 有料

週刊東洋経済

パナソニック 次の100年に必要なこと(2) Interview | 入山章栄●早稲田大学准教授

いりやま・あきえ●1972年生まれ。慶応大学大学院修士課程修了。米ピッツバーグ大学経営大学院博士号取得。2013年から現職。

<2017年12月16日号> 経営陣のバックグラウンドが多様だと業績がよいという研究が経営学には多くある。そうした意味で、日本マイクロソフト元会長の樋口泰行さんが経営陣に入った意味は大きい。パナソニックを知っている人が、いくつもの会社で得た新しい知見を持って経営メンバーに入るのだから。

■パナは「何の会社」なのか

ほかにも社外取締役に経営共創基盤の冨山和彦さんを入れたり、独SAPの馬場渉さんを要職に据えたりと、外部の血を積極的に入れている。津賀一宏社長がやりたい方向に進められているのだろう。業績が回復して結果を出しており、あと7~8年は社長を続けてもいいはずだ。 本文:648文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:1/29(月) 15:35
週刊東洋経済