ここから本文です

玉塚元一●ハーツユナイテッドグループ社長 畑違いのIT企業で何をやっていく? 

2017/12/9(土) 7:01配信 有料

週刊東洋経済

<2017年12月16日号> 私がハーツユナイテッドグループ(HUG)創業者の宮澤栄一会長から社長就任の打診を受けたのは2017年のはじめごろ。私がこれまで社長を担ってきたファーストリテイリングやローソンとは業界も会社の規模もまったく異なるので正直悩んだ。最終的には宮澤会長の熱意とHUGの高い事業ポテンシャルに感銘を受けて社長就任を決めた。

HUGはゲームソフト向けのデバッグ(不具合を修正する作業)が主力事業の会社だ。これからの10年で、デバッグやシステムテストの市場は間違いなく拡大する。IoT(モノのインターネット)の普及によって爆発的にデジタルデバイスが増えるからだ。03年に世界で5億個だったデジタルデバイスは、20年には500億個になる。そして、それらをつなぐソフトはどんどん複雑化していく。 本文:1,339文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:1/29(月) 15:35
週刊東洋経済