ここから本文です

今や「アフリカの奇跡」 ルワンダ虐殺の生存者と現場に立つ

2017/12/9(土) 7:01配信 有料

週刊東洋経済

今や「アフリカの奇跡」 ルワンダ虐殺の生存者と現場に立つ

虐殺があった教会跡。壁に開けられた穴から手榴弾が投げ込まれ多くの人が犠牲となった

ルワンダには以前から強い関心を持っていた。1994年のルワンダ虐殺では、多数派であるフツが少数派のツチを襲い、国民の1~2割にも及ぶ人がわずか数カ月の間に命を落とした。

この虐殺の特徴は、軍人でも過激派でもないごく普通の村人がマチェーテと呼ばれる山刀などを武器に、顔見知りの村人を突然襲ったという点にある。

ケニアに向かう途中、ルワンダにトランジットで6時間ほど訪れたのは2014年8月のことだった。だがオンラインビザが登録できておらず、入国できないと入国審査官が言う。 本文:1,190文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

橋賀 秀紀

最終更新:2017/12/11(月) 16:40
週刊東洋経済