ここから本文です

黒猫も飛脚も走る 宅配便を襲う緊迫の年末商戦

2017/12/9(土) 7:01配信 有料

週刊東洋経済

黒猫も飛脚も走る 宅配便を襲う緊迫の年末商戦

ヤマト運輸は神奈川県のほか、静岡県や愛知県でもドライバーを緊急に募集している(撮影:大澤 誠)

<2017年12月16日号> お歳暮やネット通販の年末商戦で最繁忙期に突入した宅配業界。宅配便個数は今年も増え続け、12月も過去最多更新が確実なだけに、宅配各社は人手確保に躍起だ。

ヤマト運輸は12月に限り、最も人が足りていない神奈川県の一部地域で、同社として全国最高水準の時給2000円でドライバーのアルバイトを募集中だ。昨年の1500円から大幅に引き上げた。

「時給2000円出しても人は集まらないだろう」。

業界関係者は悲観的に眺める。宅配大手は今年運賃を相次ぎ値上げしたが、抜本的な人手不足解消には至っていない。福山通運の小丸成洋社長は、「好調な自動車産業など、人材は製造業に流れている」と指摘する。 本文:1,079文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

木皮 透庸 :東洋経済 記者

最終更新:1/29(月) 15:36
週刊東洋経済