ここから本文です

香川真司もビックリ仰天? ドルトムントが新監督を謎起用で迷走続く

2017/12/11(月) 17:56配信

webスポルティーバ

 いつあってもおかしくなかったドルトムントの監督交代が、12月10日、発表された。ペーター・ボスが解任され、ケルンを解任されたばかりのペーター・シュテーガーが指揮をとることになった。

【写真】原口元気は屈辱の「敗戦処理」!?

 実質的に2カ月以上勝てていないボスと、14試合して勝ち点3しか取れなかったシュテーガー。ちょっと前まで、現地メディアは「2人のペーターの行方はどうなる?」と、面白おかしく伝えていたものだが、まさかの”玉突き”人事が現実に。パズルのピースを無理やり当てはめたような印象を受けざるを得ない。

 ここ数試合、ドルトムントの試合後の取材現場における混乱はこれまでもお伝えしてきた。香川真司はチャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦、シャルケ戦と、テレビ中継以外のメディア対応を行なわず、CLレアル・マドリード戦後は取材を突然、切り上げさせられた。

 12月9日、ブレーメンに1-2で敗れた後も、この試合にフル出場し、話をしたそうなそぶりの香川を広報担当者が制していた。この日もドイツメディアに対応をしていたのはマルセル・シュメルツァーとアンドレ・シュールレだけ。ブレーメン戦には普段は目にしないような記者も多数訪れており、クラブに何かしら動きがあることは想像がついた。

 スタジアムでの取材が終わり、夜になるとメディアが動き出した。23時30分頃から、ビルト紙などがウェブサイトで「どうやらドルトムントは決断したようだ」と報じ始めた。地元紙ルールナハリヒテンのウェブサイトには、シュメルツァー、マルコ・ロイス、ヌリ・サヒン、負傷中のウカシュ・ピスチェクらが、クラブの事務所から出てくる動画がアップされた。深夜にもかかわらず、明かりが消えないクラブ事務所。緊急ミーティングが開かれ、主力や生え抜きの選手に説明が行なわれたようだ。

 翌10日の正午から、記者会見が行なわれた。先行している報道からみても、ボスの解任は想定内だ。しかし、同時に発表された新監督の名前は大きな驚きをもって迎えられた。

 実は昨シーズン終了後、トーマス・トゥヘルの後釜としてシュテーガーの名前も挙がっていた。当時、有力候補とされたのが、現在ニース(フランス)の監督を務めるルシアン・ファブレ、シュテーガー、そしてボスの3人だった。その意味では少しタイミングがずれただけの監督交代と言えないこともないが、今季のケルンでの成績から考えると、ドルトムンが新監督にシュテーガーを据えること自体、不可解としか言いようがない。歴史的な成績不振で降格まっしぐらのケルンをクビになった人物を、なぜCL出場権獲得をノルマに課すドルトムントが獲得しなければならないのか。

1/2ページ

最終更新:2017/12/11(月) 19:19
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
1月11日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 五輪V2への挑戦』
■プレイバック羽生結弦2014~2017
■宇野昌磨、宮原知子、坂本花織ほか