ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「雷は同じ場所に2度落ちない」のジンクスに挑む、製薬界の革命児

2017/12/11(月) 18:00配信 有料

Forbes JAPAN

「雷は同じ場所に2度落ちない」のジンクスに挑む、製薬界の革命児

Oleksii Fedorenko / shutterstock.com

画期的な新薬は非常に高価であるというのが常だ。業界内の根底には、製薬会社が儲ければ新薬の開発につながるという考えがある。だから長年に渡る研究に対する報酬として、高額な価格設定は当然というものだ。

確かに新薬を次々と開発している順調な医薬品業界を見ると、その流れは機能しているようにも思える。しかし画期的な新薬が必ず次の成功に結びつくと言えなかったのが、これまでの医薬品業界の定説である。

このジンクスに挑む、新世代のバイオテクノロジー企業が台頭し始めている。 本文:4,730文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

Forbes JAPAN 編集部

最終更新:2017/12/11(月) 18:00
Forbes JAPAN