ここから本文です

コスメ界の“IT”女子とは… ジェイミー・カーン・リマの物語

2017/12/11(月) 14:30配信 有料

Forbes JAPAN

コスメ界の“IT”女子とは… ジェイミー・カーン・リマの物語

ジェイミー・カーン・リマ(Photo by Sean Zanni / Patrick McMullan via Getty Images)

とある冬の土曜日、ニュージャージー州北部にあるコスメショップ「アルタ・ビューティー」の前には朝7時30分という時間にもかかわらず、50人もの女性が行列を作っていた。彼女たちは、イット(IT)コスメティックの社員が教える2時間のメークアップ教室の開始を心待ちにしている。1時間半後、イットコスメティックの創業者、39歳のジェイミー・カーン・リマが到着。彼女は明るいピンクのドレスとパンプスを身にまとい、ライトブラウンの髪はローポニーテールにまとめられ、シミひとつない完璧な肌を引き立たせていた。

メークアップ教室が始ますと、彼女は右の頬を指し、おもむろに化粧を拭き取ると、自身で「紙ヤスリのよう」と話す赤色斑の肌を露出する。そして彼女は自社製品のCCクリームを取り出し、顔全体に塗ると、ものの数秒で赤色斑は全く目立たなくなった。

「とても長い間、わたしたちは本物を手にすることができなかったの」と彼女は話す。ワークショップの終了時には、カーン・リマとの会話を求めて、眉やまつ毛が抜けた全身性エリテマトーデス(狼瘡)患者や、救急看護師、建設作業員などが列を成し、一様に彼女の製品を賞賛したのだった。なぜ彼女は、ここまで支持を得られているのだろうか。 本文:6,864文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

Forbes JAPAN 編集部

最終更新:2017/12/11(月) 14:30
Forbes JAPAN