ここから本文です

流血しながら「ほぼ岡崎慎司のゴール」。それでも悔しさをにじませた

2017/12/12(火) 8:10配信

webスポルティーバ

 ベンチスタートの岡崎慎司に出番の声がかかったのは71分のことだった。

 気温0度という敵地ニューカッスルの凍りつくような寒さのなか、前半から断続的にアップを行なっていた岡崎は、すぐにユニフォームに着替えて準備を整えた。

【写真】ハリルが絶賛した「将来の守護神」GK中村航輔

 スコアは2-1でレスター・シティがリード。そして、残り時間は約20分。このタイミングでクロード・ピュエル監督が岡崎の投入を決めたのは、献身的な守備とプレスで貢献できる背番号20の特性を活かそうと思ったからだろう。優勢のレスターは、ここから逃げ切り策にシフトしようとしていたに違いない。

 ところが、その直後にニューカッスル・ユナイテッドがワンチャンスをモノにしてゴール。レスターが2-2に追いつかれたことで、岡崎の投入を土壇場で取りやめる可能性もあった。

 だが、フランス人指揮官は、そのまま岡崎を投入した。しかも、代わりに引っ込めたのはMFデマライ・グレイ。ウィンガーを本職とするグレイだが、ピュエル監督は2試合連続でこの21歳アタッカーをトップ下として起用していた。言わば、ポジション争いのライバルであるグレイとの交代で、岡崎はピッチに入ったのだ。

 当然、岡崎としては少なからず重圧を感じていたことだろう。

 ひとつ目の理由が、2-2の同点に追いつかれた直後のタイミングで投入されたこと。アウェーゲームではあったが、相手のニューカッスルは直近7試合で6敗1分の未勝利。まさに絶不調の状態で、この試合もレスターの攻勢が目立っていた。どうしても勝ち点3が欲しい展開で、岡崎は投入されたのだ。

 ふたつ目の理由が、ピュエル新体制になってから岡崎の得点がないこと。「新しい監督になってから点を決めていない。点を獲れば自分が使われるかもしれない」と本人が話していたとおり、ゴールを決めて定位置取りにアピールする絶好のチャンスがまわってきた。

 そして、最後の理由が、この試合でグレイが好パフォーマンスを見せていたこと。

 トップ下のプレーのコツを掴み始めたようで、グレイはメリハリの効いたプレーで攻撃にアクセントをつけていた。シンプルにさばくべきところはさばき、仕掛けるところは仕掛ける。クラウディオ・ラニエリ&クレイグ・シェイクスピアの前体制時代は恣意的なプレーばかりが目についたが、この試合に限って言えば、こうした悪癖が徐々に改善されているように見えた。ニューカッスルの寄せが甘かったことはあるが、『BBC』がグレイをMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選出するほどのパフォーマンスを見せていた。

1/2ページ

最終更新:2017/12/12(火) 8:10
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
1月11日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 五輪V2への挑戦』
■プレイバック羽生結弦2014~2017
■宇野昌磨、宮原知子、坂本花織ほか