ここから本文です

高校生が開発する、福島の温泉街を救う"魔法の水"とは

2017/12/12(火) 15:00配信 有料

Forbes JAPAN

高校生が開発する、福島の温泉街を救う

写真右から太田裕亮、西澤亮輔、清野颯一郎、紺頼楓

フォーブスジャパンは、ソーシャル・ビジネス・プラットフォーム(SBP)と共同で高校生を対象に「SBP×Forbes JAPANソーシャル・ビジネス・アイディアコンテスト」を開催。最も優れたアイデアに、Forbes JAPAN賞を贈ることにした。記念すべき第一回のForbes JAPAN賞に輝いたのは、福島県立福島高等学校SS部・好適環境水班だ。

彼らの開発した「魔法の水」とは一体何なのか。 本文:802文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

Forbes JAPAN 編集部

最終更新:2017/12/12(火) 15:00
Forbes JAPAN