ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

高騰する放映権料と日本代表の行方

2017/12/12(火) 15:23配信 有料

フットボールチャンネル

当初日本側が支払った放映権料は6億円だった
高騰する放映権料と日本代表の行方

オーストラリア代表を相手に、薄氷を踏むような引き分けだったアジア最終予選第4戦。ぎりぎりの星勘定、日本代表の予選敗退がないとは言い切れない。【写真:Getty Images】

もし日本代表がワールドカップアジア最終予選を突破できなければ、1998年から続いてきた本戦出場が五回で途切れてしまうことになる。そしてその経済的影響は国内だけにとどまらない。青天井だった放映権料の多くを担ってきた日本の不参加は、ワールドカップロシア大会そのものの屋台骨を揺るがしかねないのだ。(文:藤江直人 2016年11月発売『フットボール批評14』を転載) 本文:2,294文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込10
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

フットボールチャンネル編集部