ここから本文です

「君には僕という友達がいる」いじめと闘う少年をセレブが応援

2017/12/13(水) 22:00配信

コスモポリタン

「なんでみんなボクをいじめるの?」と涙ながらに訴える、アメリカの中学校に通う少年の動画。今、この動画が世界中で話題になり、ジャスティン・ビーバーや映画『キャプテン・アメリカ』の主演俳優クリス・エヴァンスはじめ、多くのセレブが励ましの言葉を贈っている。

【動画】涙ながらにいじめを訴える少年と、エールを送るジャスティン・ビーバー

アメリカ・テネシー州の学校に通う少年キートン・ジョーンズ君。<コスモポリタン アメリカ版>によると現地時間先週金曜日、彼の母親であるキンバリーさんが自身の<facebook>に動画を投稿。キートン君は「なんで彼らはいじめるの? なんのために? どうして罪のない人たちに意地悪をして何が楽しいの? そんなのいいことじゃない」と訴えている。学校で、牛乳をかけられたりパンを投げられたり、醜いとからかわれ、お前には友達がいないとも言われ…キートン君は、そんな学校のランチの時間に絶えられず、キンバリーさんに迎えに来てもらったのだそう。

動画でキートン君は、涙を流しながらその思いをカメラ越しに訴えた。

「自分がいじめられるのは嫌だし、他の人がいじめられているのも嫌だ。だってそんなの良いことじゃないじゃないか! みんなそれぞれ違うんだ。でも人と違うことが悪い訳じゃない。笑い者にされていたって、相手にしちゃいけないよ。ただ強くいなきゃいけない。ツラいよ…でも、いつかいい日がきっとやって来るから。」

このように、自ら心が折れるほど苦しんでいるにも関わらず、それでも世界でいじめと闘う子供たちに向けてエールを贈ったキートン君。この動画は、ネット上で大きな反響を呼び、これまでに2000万回以上の再生がされている。

この動画を目にした、セレブたちが続々と反応。人気歌手のジャスティン・ビーバーは、自身のインスタグラムにあたたかいメッセージを投稿。

「自分もツラい状況にあるのに、他の人に対する思いやりをいつも見せる彼は、真のレジェンドだ。見てくれ、その少年の名前はキートンだ。」

「君には、僕という友達がいる。DM(直接メッセージ)で連絡して。一緒に話し合おうよ。愛してるよ!」

1/2ページ

最終更新:2017/12/13(水) 22:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。