ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

フェラリオ、がん患者や脱毛症患者のために戦う姫「美の固定概念を壊す」

2017/12/13(水) 22:12配信

エスクァイア

吸い込まれそうな大きなブラウンの瞳に、チャーミングな笑顔…。その可愛らしい顔とは対照的に西洋美術の彫刻のようなグラマラスで健康的な肉体をもつ、プラスモデルをご紹介しましょう。 
 

【 写真&動画 】フェラリオの健康的なボディやプライベートショットのみならず、あらゆる表情を収めた姿を…

(*)プラスサイズモデル(Plus-size model)とは、主に欧米における洋服のサイズにおいて「プラスサイズ服」を着用し、平均よりも大きい身長(しばしば体重超過の方も)のモデルに適用される用語です。

プラスサイズモデルの姫フェラリオ。そのボディと瞳に完敗(笑)!

 1993年6月14日、オーストラリア・首都キャンベラで生まれたステファニア・フェラリオ(Stefania Ferrario)。母はイタリア系、父はイギリス系の彼女は、英語・フランス語・イタリア語を操るトライリンガルです。気品と知性を感じる端正な顔立ち、そして、英国でエドワード3世によって創設されたガーター騎士団で初の女性騎士となったフィリッパ王妃のように…、引き締まった肉体と曲線美、さらに精悍な眼差しをもつ美女なのです。いま最も注目されている、“プライスサイズ”モデルの一人といえるでしょう。
 
 「え? 彼女のどこが“プラスサイズ”なんだよ? しっかり鍛えているし…確かに“グラマラス”だけど?」と、お思いの男性諸氏も多いかと思います…。ですが、ステファニアは、欧米の一般的なモデルたちよりも4サイズ大きめとのことで、モデル界では“Lサイズ”に入るのです。そんなモデル界に警鐘を鳴らすために、彼女は“痩せていること”が美しいという固定観念に若い女性たちが囚われないよう、体型は人それぞれ違い、個性であることを発信し続けているモデルでもあるのです。

 また、社会活動にもとっても積極的で、癌患者や脱毛症の人たちへの資金援助や理解を深めさせるために、自身の髪型を丸刈りにして写真集を作り、その収益をオーストラリアの癌患者支援団体組織に寄付しています。
 
 今後、美の固定概念を崩し続ける影響力のあるモデルの一人として、そして、世界に発信し続ける女性としても、今まで以上に注目されていくこと間違いないでしょう!  
 
 そんなステファニアは、そのグラマラスで官能的な肉体美を収めた写真をSNSで頻繁に投稿し、世界中の多くのファンを魅了しているのです。

最終更新:2017/12/14(木) 2:11
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます