ここから本文です

「赤ちゃんポスト」で遺体発見のドイツ、注目の「内密出産」とは?

2017/12/13(水) 19:34配信

ニューズウィーク日本版

ドイツでは、親が養育できない子どもを匿名で託せる「赤ちゃんポスト」が、2000年に登場。その後、さまざま議論を呼んだ。

11月半ば、ドイツ中央部のエアフルト市の病院に設置された「赤ちゃんポスト」で、新生児の遺体が発見された。司法解剖の結果、女児は死産で、生後なんらかの暴力の犠牲になった可能性はないとされたが、身元については不明のままだ(ウェルト)。

子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究

ヨーロッパでは12世紀ごろから存在する「赤ちゃんポスト」。それが、望まない妊娠・出産に臨むことになった母親と、生まれてきた子供を救おうとする善意の試みであるのは疑いの余地がないが、出産において母子が医療的サポートを受けられない、あるいは倫理的な問題などから賛否両論がある。

今回の事件を受け、2014年に法制化された「内密出産」がふたたび注目を集めている。

■ 新生児殺害数に改善見られず

中世から続く「赤ちゃんポスト」だが、近代版は2000年に第1号がハンブルクに登場、同年にリューベックとベルリンの病院に設置された。以降ドイツ各地の病院・教会施設に設置され、現存する「赤ちゃんポスト」は60とも100とも言われるが、子供の権利を擁護する国際的な慈善財団 Terre des hommesのドイツ支部によると「公式」な数字は発表されていない。2012年のBBCの報道によると、ヨーロッパ全土で約200存在するという。

エアフルト市がその州都であるチューリンゲン州には全部で3つの「赤ちゃんポスト」がある。同州アポルダ病院には設置されていないが、 ヨアヒム・ベヒラー医師が先月末にチューリンガー・アルゲマイネ紙に語ったところによると、(ハンブルクに第1号が設置された)2000年以降、残念ながら新生児の殺害件数には変化が見られず、赤ちゃんポストが効果を発揮しているとは言い難い状況となっているのがその理由の1つようだ。

Terre des hommesによると、2016年にドイツで報告された新生児の死亡事故は14件、うち殺害9件、遺棄され死後に発見されたのが4件、1件は殺害か死産か不明という。2017年には、上半期だけですでに10件が報告された。同団体は「赤ちゃんポスト」や、また従来の「匿名出産」の制度があるにもかかわらず、過去10年で死亡件数の改善は見られないとし、懐疑的な立場を取っている。

■ 子供が親を知る権利

「赤ちゃんポスト」や「匿名出産」の代替案として上記施設や団体、そして政府が奨励するのは、2014年に法制化された「内密出産」だ。母親が個人情報を申告しない「匿名出産」と違い、「内密出産」では母親が個人情報を提供のうえ出産し、家族・高齢者・婦人・青少年省がその情報を保管する。養子縁組手続きの際には仮名を使用できる。

「赤ちゃんポスト」や「匿名出産」が批判される理由の1つに「子供の『親を知る権利』を侵害している」というものがあるが、この点、母親の情報が保管される「内密出産」では、子供が16歳になり、生みの親を知る権利を得たときに、情報を開示することによりその権利を保障できる。「匿名」より「内密」が奨励される理由だ。

希望すれば誰もが「内密出産」を選択できるわけではない。あくまでも子供と生活する道を選ぶことを政府が奨励できるように、女性は出産前に「包括的で、敷居の低く、オープンで偏見のない」カウンセリングを受けねばならない。また、法令では「人生、健康、個人的自由、そして同様の正当な懸念にリスクをもたらす可能性がある」ことも証明しなければならない。

政府の発表によると、2014年から今年夏の時点で355人の女性が「内密出産」を選択したという。ひどい個人的苦痛や暴力を経験してきた女性たちだった。昨年9月までにカウンセリングを受けた1277人の女性のうち、26%が結果的に通常の出産をし、子供と一緒に暮らしていくことを決断、15%が養子縁組、19%が内密出産、そして40%が中絶など他の選択肢を選んだという(ツァイト)。

前出のアポルダ病院でも、2014年の全国での法施行以来、「内密出産」および「匿名出産」に対応できるよう、専門のスタッフを雇用、訓練し、内部での情報交換、またカウンセリング当局との連携をはかって体制を整えている。まずは「内密出産」を選ぶよう説得し、母親が拒否すれば「匿名出産」にも対応するが、実際にこれらを選択した女性はこれまでにないという。

いずれにしても、たった一人で嬰児を産み落としポストに預ける女性たちとは異なり、病院での出産なら母子ともに必要な医療ケアやアドバイスが受けられる。何のサポートもなく一人悩む女性たちにとって、偏見なく対応してくれる専門家の存在は精神的・肉体的に大きな助けとなるのではないか。

モーゲンスタン陽子

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2018-1・23号
1/16発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。

ニューズウィーク日本版の前後の記事