ここから本文です

中国を率いるW杯優勝監督リッピ、日本の選手を称賛「高いクオリティーを持っている」

2017/12/13(水) 19:34配信

Football ZONE web

リッピ監督「ポゼッションが大きな影響を与える」と言及 流れを左右した「0.1%」の差

 中国代表は12日のE-1選手権第2戦で日本に1-2と敗れた。中国を率いるイタリア人のマルチェロ・リッピ監督は、かつてイタリア代表を率いて2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)を制した名将として知られるが、果たして日本戦をどのように見たのだろうか。

【写真】英紙が「尋常でない怪しさ」と酷評! 名古屋が発表したJリーグ開幕時の復刻版ユニフォーム

 イタリアの名門ユベントスを率いてUEFAチャンピオンズリーグを制し、リーグ優勝も5回を飾るなど輝かしいキャリアを誇るリッピ監督。2012年5月から2015年2月まで中国1部の広州恒大を率い、3年連続リーグ優勝、AFCチャンピオンズリーグ優勝を飾り、ロシアW杯アジア予選敗退後の2016年10月から中国代表で指揮を執っている。

 日本戦について開口一番「かなり苦しんだ試合だった」と言及しつつも、「前半の15分間は中国にとって有利な展開だった」と立ち上がりは評価した。実際、日本戦は後半38分まで0-0のまま推移。同39分にFW小林悠(川崎フロンターレ)、同43分にDF昌子源(鹿島アントラーズ)に立て続けにゴールを決められ、終盤にPKで1点を返したものの1-2で敗れた。

 リッピ監督は試合運びに敗因があると指摘。最大のポイントにポゼッションを挙げ、「こういうサッカーにおけるメンタリティーを考えると、ポゼッションが大きな影響を与える。中国より日本がポゼッションで上だった。これが結果に影響した」と語っている。

 もっともボール支配率は日本の50.1%に対して、中国は49.9%とほぼ互角。数字上は差があってないようなものだが、リッピ監督の見解からすれば「0.1%」の差が少なからず流れに影響を及ぼしたということだろう。

名将が日本を評価「今夜それを見せた」

 それ以外の敗因として、「日本と韓国はリーグ戦が終わって日が浅い」とコンディション面の差に言及したリッピ監督。さらに日本の攻撃について言葉を残している。

「実際に日本の攻撃のクオリティーは非常に高いと考えていた。日本の選手は高いクオリティーを持っている選手がたくさんいる。今夜それを見せた。海外で活躍している選手もいるという現状だ。中国に関しては、サッカーの文化的な部分がかなり違う。それを踏まえながら全体を構築することが大事になる」

 世界的な名将は日本の選手が持つクオリティーを称賛した。その一方で中国のサッカー文化の違いに触れ、中国なりのチーム作りが必要になると明かしている。リッピ監督率いる中国は初戦で韓国に2-2と引き分け、日本戦で0-1と敗戦。1分1敗で今大会の優勝を逃したが、2019年のアジアカップ、そして2022年のカタールW杯に向けて、引き続き強化を進めていくという。

大木 勇(Football ZONE web編集部)●文 text by Isamu Oki

最終更新:2017/12/13(水) 19:47
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新