ここから本文です

『紅白』『24時間テレビ』ほか続々! ちっとも楽しみじゃない名物特番TOP10は?

2017/12/14(木) 20:00配信

週刊女性PRIME

 普段感じていること、あるいは口には出せないホンネ、はたまた口が裂けても言えない秘密。──匿名という条件のもとに、ぜんぶ白日の下にさらけ出します! 男女のセキララなアレコレを、いろんな角度からアナリティクス(分析)! 数字はウソをつきませんよ♪

ランキング表はコチラ!

好きも嫌いも紙一重賛否両論が渦巻く名物特番!

 番組改編期や、年末年始といったタイミングで、各局がこぞって放送するのが、いわゆる“特番”。最近は視聴率の低下傾向からか特番の数が増えている気がしますが、レギュラー番組の大型版ではない、“季節の風物詩”のようなビッグタイトルは今も数多くあります。

 長く親しまれていてファンが多い反面、「もういいよ……」という否定的な論調も耳にしますが、いったい世の女性たちは名物特番に対してどんなホンネを抱いているのでしょうか!? まずは「今でも楽しみにしている」という特番について聞いてみました!(20~30代の女性200人を対象にアイリサーチ調べ)

■今でも楽しみな名物特番TOP10
(各局の主なバラエティ系特番24番組から、1位3pt、2位2pt、3位1ptで算出)

1位『絶対に笑ってはいけない○○』シリーズ(日本テレビ系)223pt
2位『NHK紅白歌合戦』(NHK)112pt
3位『リンカーン芸人大運動会』(TBS系)59pt
4位『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)57pt
5位『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)54pt
6位『よゐこの無人島0円生活』(テレビ朝日系)49pt
7位『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)37pt
8位『オールスター感謝祭』(TBS系)32pt
9位『ものまねグランプリ』(日本テレビ系)29pt
10位『R-1ぐらんぷり』(関西テレビ・フジテレビ系)26pt

 紅白にダブルスコアという差をつけて1位に輝いたのが、なんと裏番組の『絶対に笑ってはいけない○○』シリーズ。今年は「アメリカンポリス24時」というテーマが発表されましたよね。視聴率では『紅白』が上に来ていることはご承知の通りなので、「『紅白』はみんなと一緒にいれば見るけど、実際に見たいのは『笑ってはいけない』」という仮説が成り立ちそうです。

 意外なところでは、3位の『リンカーン芸人大運動会』。う~ん、ダウンタウン強し……といったところでしょうか。

 さてさて、気になる(?)のはここから。「正直、もう見ていない」「もうその役割を終えたのでは……?」という番組もきっとあるハズですよね。

■正直ぜんぜん楽しみじゃない名物特番TOP10
(各局の主なバラエティ系特番24番組から、1位3pt、2位2pt、3位1ptで算出)

1位『NHK紅白歌合戦』(NHK)206pt
2位『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)187pt
3位『欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』(日本テレビ系)133pt
4位『絶対に笑ってはいけない○○』シリーズ(日本テレビ系)52pt
5位『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)50pt
6位『ものまねグランプリ』(日本テレビ系)47pt
7位『オールスター感謝祭』(TBS系)44pt
8位『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)42pt
9位『全国高等学校クイズ選手権』(日本テレビ系)34pt
10位『FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)30pt

 堂々の1位は『紅白』! 高視聴率は“惰性”だということの信憑性が増した感があります。そして不要説がしばしば聞こえてくる『24時間テレビ』も堂々の2位に付けました。さらに『仮装大賞』も入っていることから、お茶の間で家族で楽しむ古き良き団らん特番の役割は、もう終えているのかもしれませんね……。

1/2ページ

最終更新:2017/12/14(木) 20:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」2月6日号(毎
週火曜日発売)

定価390円(税込)