ここから本文です

「人殺しの息子」は、その後をどう生きたのか

2017/12/14(木) 14:00配信

東洋経済オンライン

今年もたくさんの新しい本と出会い、様々な刺激をもらってきた。だが今年読んだ本の中で、最も印象に残ったものを挙げよと言われれば、それは「再会」した一冊ということになる。それが本書『消された一家 北九州・連続監禁殺人事件』だ。

この記事の写真を見る

 事件の詳細に関する記述はあまりにも凄惨で、この本が置いてある本棚の一角は邪気が漂っている気がするほどである。数年前に封印したはずのこの本を再び手に取ったのは、偶然目にしたドキュメンタリー番組がきっかけであった。

■天才殺人鬼が全ての元凶

 北九州・連続監禁殺人事件はきわめて複雑な事件であるものの、松永太という天才殺人鬼が全ての元凶である。内縁の妻とされる緒方純子は、加害者でもあり被害者でもあった。松永は緒方の家族ら7人を同じ部屋に監禁し、食事の制限、睡眠の制限、排泄の制限、そして通電による制裁を加えた。その後一家は、家族ら自身の手によって次々と殺害。しかも遺体はバラバラに解体され、人知れず捨てられたという。

 この事件における最大の特徴は、松永自身が一切自らの手を汚していないという点にある。彼は取り調べの供述調書において、人生のポリシーを以下のように語った。

私はこれまでに起こったことは全て、他人のせいにしてきました。私自身は手を下さないのです。なぜなら、決断をすると責任を取らされます。仮に計画がうまくいっても、成功というのは長続きするものではありません。私の人生のポリシーに、「自分が責任を取らされる」というのはないのです。

 ならばなぜ、家族同士が勝手に殺し合うという異常な事態が生み出されたのか?  それは松永が監禁した家族をランク付けし、最下位のものにひときわ強烈な虐待を加えたからである。ランクを気まぐれに入れ替えることによって、皆が松永の歓心を買うようになっていき、それが家族同士の互いの不信感を生み出し、殺害へと発展していった。

 さらに、これだけ大量の人間を死んでいるにもかかわらず、遺体がないという点も特筆すべきことだ。遺体の解体作業に関する松永の発言は、虫唾が走る。

1/3ページ

最終更新:2017/12/14(木) 14:00
東洋経済オンライン

東洋経済オンラインの前後の記事