ここから本文です

現役セリエAコーチが徹底分析! 偏見なしにハリル戦術を評価する

2017/12/15(金) 19:04配信

footballista

レナート・バルディの日本代表スカウティングレポート

イタリアの新世代コーチ、レナート・バルディの本職は対戦相手の戦術分析アナリストだ。今回はセリエAが誇るトッププロの分析メソッドで日本代表を徹底解析してもらった。トリノのビデオルームでモニターの前に座り、びっちり3時間。「(トリノ監督の)ミハイロビッチ監督並みの解説を受けた」とはインタビューした片野氏の言葉だ。おそらく半年後に対戦するライバル国も同じように日本を丸裸にしてくるだろう。その一端を味わうとともに、日本代表というチームを客観的に知る材料にしてほしい。本誌最新号のコンテンツを一部公開!


取材・構成 片野道郎


 今回は、我われトリノの分析スタッフが試合に備えて敵チームを研究・分析する時のやり方をそのまま実行して、ニュートラルな立場からブラジル戦、ベルギー戦の2試合を分析した。目的は、日本代表がそれぞれの局面でどのようなプレー原則に基づいてどう振る舞っているのかを把握することを通じて、チームとしての全体像を端的な形で理解することにある。個々の試合における対戦相手のことはもちろん考慮するが、フォーカスするのはあくまで分析の対象とする日本代表の振る舞いであり、試合そのものを分析するわけではない。

 通常我われは、1つの相手を分析する時には最低でも5試合を対象とするので、今回の2試合というのは完全な分析・理解にとっては少な過ぎる数だ。さらにブラジル、ベルギーという相手はいずれも格上であり、それゆえ守備の局面については数多くのアクションをサンプルとして参照できたが、攻撃の最終局面に関しては十分な数のアクションが拾えなかった。その点において、分析のアウトプットは通常我われが行っているほど網羅的なものにはなっていないことをお断りしたい。それでも日本が攻守両局面とも非常に良く組織されたチームであることは十分に見て取れた。これは監督が明確なコンセプトをチームに与え、根づかせていることを意味する。

 以下、攻撃、トランジション、守備の各局面において、日本がどのようなコンセプトに基づいてプレーしているかを個別に見ていこう。

1/4ページ

最終更新:2017/12/15(金) 21:18
footballista

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊フットボリスタ

株式会社ソル・メディア

Issue 057
5月11日(金)発売

特別定価980円(税込)

[特集]
17-18 欧州各国リーグ総括
独走した王者と、誇り高き敗者たち