ここから本文です

瀬戸内海の「うさぎ島」、何が問題?

2017/12/15(金) 7:10配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

ウサギとふれあえる観光地になったが、保護団体から心配の声

 瀬戸内海に浮かぶ広島県竹原市の大久野島。周囲4キロあまりの小島は、1時間半もあれば歩いて1周できる。草地が広がり、海水浴場、展望台、桟橋が点在する。現在は観光地となっているこの島に住む人は多くなく、島を駆け回る野生のアナウサギ数百匹を守れる人は少ない。

【動画】ウサギがいっぱい大久野島はこんなところ

 大久野島が「うさぎ島」と呼ばれ、人気が上昇したのは2014年以降だ。ウサギの群れが女性に殺到している動画が話題を呼んだ。それからというもの、ウサギの大群がソーシャルメディアや映像で紹介され、島に観光客が集まっている。だが、人の干渉が増えたことで、大久野島はウサギにとって持続可能ではなくなってしまった。

なぜウサギかには諸説

 そもそも、この島になぜウサギがいるのか。本当の理由は誰も知らない。

 大久野島は「毒ガス島」と呼ばれることもある。戦時中、この地で秘密裏に毒ガス実験が行われていたからだ。作戦を隠すため、島は日本地図から消された。化学兵器の実験動物としてウサギが島に持ち込まれていたため、今いるウサギがその子孫だと推測する人もいる。だが専門家によると、実験用のウサギは作戦中止後に安楽死させられたという。

 英国人カップルがウサギを島に持ち込んだという噂もあれば、近くの小学校が1971年にウサギを放したという説もある。生息数の推定はばらつきがあるが、2007年には約300匹が島にすんでおり、現在では700~1000匹に増えているとされる。

「こんなに小さな島に、多すぎるほどのウサギがいるのが現状です」と話すのは、マーゴ・デメロ氏。米カリフォルニア州に本部を置くウサギ保護団体「ハウス・ラビット・ソサエティー」の代表を務めている。「間違いなく、最近の現象です」

 2015年3月、デメロ氏ら研究者は大久野島に10日間滞在し、ウサギの集団を調査したり、人々に話を聞いたりした。前述の「ウサギの大群」動画が拡散したことで、観光客の構成が変わったとデメロ氏は言う。以前は島にある温泉へやって来る年配の日本人と校外学習で毒ガス資料館を訪れる地元の学生が多かったが、今はずっと多様になった。2005年に13万6000人だった観光客は、2015年には25万4000人にまで膨らんでいる。そのうち1万7000人が外国人だ。

 今のところ、島にあるのは宿泊施設である休暇村大久野島、ゴルフコース、毒ガス資料館などだ。ホテルは観光客に対し、ウサギに手を触れないよう呼びかける一方で、観光客を呼び込む宣伝材料にウサギを使っているとデメロ氏は指摘する。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ナショナル ジオグラフィック日本版の前後の記事