ここから本文です

「前例がないならば作ってしまう」を繰り返す先にある漁業の未来~一次産業ダイジェスト(3)

2017/12/15(金) 11:05配信

GLOBIS知見録

GLOBIS知見録

「稼げる農業」「稼げる漁業」を実現するために、どのような経営のフレームワークが必要なのか。「前例がないならば作ってしまう」「昨日やったから大丈夫」そうやって漁業の現場を少しずつ変えていこうと奮闘する坪内氏。一気に変わることが許されない現場で、こつこつ淡々とやっていくことで儲かる漁業の未来に繋げる。あすか会議2017「一次産業のイノベーションを起こすリーダーたち」ダイジェスト版Part 3/3(肩書きは2017年7月1日登壇当時のもの)。

スピーカー
生駒祐一(テラスマイル株式会社 代表取締役)
坪内知佳(株式会社GHIBLI 代表取締役)

生駒祐一、坪内知佳

最終更新:2017/12/15(金) 11:05
GLOBIS知見録

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GLOBIS知見録

株式会社 グロービス

国内最大MBAスクールの学びが満載の「ビジネスを面白くするナレッジライブラリ」。マネジメントやリーダーシップに関する動画やコラム、セミナー情報などをお届けします