ここから本文です

遊園地が激減 横浜ドリームランドのヘイヘイおじさんが回顧

2017/12/16(土) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 ディズニーリゾートの「3000億円大拡張」発表の陰で、全国の遊園地はこの20年で3分の2にまで激減している──。

 2002年に閉園した遊園地の『横浜ドリームランド』。その跡地から歩いて10分ほどの古いアパートのある一室には『ヘイヘイおじさん』と書かれた表札が掲げられていた。ここに住む、76才の新井俊次さんは、かつて横浜ドリームランドのスター社員だった。新井さんが振り返る。

「24才で開園と同時にドリームランドに入社して、それから30年以上『ミュージックエキスプレス』というアトラクションを担当していたんだ。お客さんを盛り上げようと、当時大ヒットしていたフィンガー5の『学園天国』を歌いながら仕事をしていたら、いつの間にか『ヘイヘイおじさん』と呼ばれるようになってさ。おれがお昼の休憩に入ると、お客さんは乗らないで、戻るのを待ってるのよ(笑い)」

 現在は大学や公園などに姿を変えた“夢の跡”を、新井さんと一緒に歩いてみた。

「敷地のほとんどは、今は大学になっちゃった。おれがいたミュージックエキスプレスは、公園内の野球場になっているあたりだね。今も学生たちでにぎわっているけれど、当時はもっとすごかった。そんなお客さんたちを喜ばせようと、社員が一丸となってたね」(新井さん)

『ヘイヘイおじさん』として人気を博したため、会社も40万円の金色のスーツを特注で作った。これに、ファンからプレゼントされた缶バッチがたくさんついた黄色い帽子。こんな姿で『ヘイヘイおじさん』はお客さんに笑顔を届けていた…。

「当時のドリームランドには、子供たちが次から次へと押し寄せて…。ミュージックエキスプレスにも『おじさんに会いたくて今日6回目』と、笑顔で乗り込んでくる子がたくさんいてうれしかったね」

 あの頃の遊園地には、夢いっぱいの子供たちがいた。そして、一社員をスターにするほどの情熱と熱狂が渦巻いていた。

◆ゴーカートは憧れと都会の象徴だった

1/2ページ

最終更新:2017/12/16(土) 7:00
NEWS ポストセブン