ここから本文です

午後7時に日の出ふ頭を出発、船の上で「文楽」を楽しむ

2017/12/16(土) 17:00配信

文春オンライン

 お勤め帰りに間に合う午後7時に東京・日の出ふ頭を出航し、くるりと冬の東京湾をクルーズしながら、フランス料理と伝統芸能「文楽」を同時に堪能しようという企画が、来年2月7日(水)に催される。入門38年め、4月・5月の本公演で“五代目吉田玉助”を襲名する吉田幸助さんが人形を担当する。

「ヤマハが開発した最新技術の歌声合成ソフトと文楽人形のコラボ『ボーカロイドオペラ葵上(あおいのうえ)』への出演をはじめ、私自身、様々な場所で人形をお見せすることが近年、増えましたが、船の上で、というのは初めてなんです」

 当日の演目『団子売(だんごうり)』にちなんで、東京の老舗・榮太樓總本舗の紅白餅が供されるほか、旭酒造、大七酒造からの厳選したおいしい日本酒も味わえる“楽しみ満載の2時間半”。

「文楽では物語は太夫が語り、人形遣いは掛け声以外、舞台で口を開きません。このクルーズでは、ぜひ間近で人形を見ていただいて、皆さんと親しくお話しできる機会になればと楽しみにしております」

INFORMATION冬の東京湾で「文楽」を
参加費1万5千円(食事・飲み物・観劇料込)1月15日〆切。定員70人に達し次第〆切
問合せ ギリークラブ
FAX 03-5926-4629
duke@gillie.co.jp

「週刊文春」編集部

最終更新:2017/12/16(土) 17:00
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

世の中を驚かせるスクープから、
毎日の仕事や生活に役立つ話題まで、
"文春"発のニュースサイトです。