ここから本文です

すぐに実践できる、ちょっと意外な「倹約のアイデア」6選

2017/12/16(土) 20:10配信

ライフハッカー[日本版]

MakeUseOf:倹約の仕方については、何度も同じアイデアを聞いてきたと思います。たとえば、予算を立ててその範囲に収めること。有名ブランドでなくストアブランドのものを買うこと。リサイクルショップを使うこと。割引クーポンを集めること。でも、他にも倹約のアイデアはたくさんあります。

【画像】すぐに実践できる、ちょっと意外な「倹約のアイデア」6選

お金を倹約するためのアイデアを探してみたら、意外なものがたくさんありました。その中の6つをご紹介しましょう。

1. 買い物の前は水分をたくさん摂る

奇想天外なアイデアですが、科学的な裏付けがあります。水をたくさん飲んで45分たった後の被験者は水を飲んでいない被験者より長期的な観点で良い選択をしたことが研究で実証されました。これは、「漏出効果」と呼ばれ、自分の膀胱をコントロールしている人は欲望や行動もコントロールできるということです。

おかしな話ですが、買い物やレストランに行く前に水をたっぷり飲むと、良い判断ができるかもしれません。でもやり過ぎにはご用心。でないと別の意味で漏出効果が出てしまいます。

2. 使わないものは写真を撮ってから売る

倹約は使うお金を減らすだけとは限りません。自分が所有しているものをもっと効果的に活用することでもあります。何か売りに出せるものはありませんか。純粋にセンチメンタルな理由で持ち続けているものがあるなら、写真を撮ってから売ってしまいましょう。今後も使うことが無いのはほぼ確実ですし、写真を見ればそのもの自体を見るのと同じように思い出を楽しむことができます。

3. 割引クーポンに依存しない

割引クーポンを使うとお金をずいぶん節約できそうです。ただし、限度をわきまえていればの話で、下手すると買いすぎてしまいます。それでは広告主の思うつぼです。割引クーポンで買ったナゲットも、クーポンが無ければ買おうと思わなかったとしたら、クーポンのせいで倹約どころか実は余計にお金を使っていることになります。

いつもクーポンを使っている人は、1週間だけクーポンを全く使わないようにして、食糧品に使った金額を比較してみましょう。あるいは、せめてクーポンの使用頻度を減らす努力をしてみましょう。クーポンを集める時間が節約できる上に、それほど使った金額が大きく違わないことがわかり驚くかもしれません。クーポンを使うと本当に倹約することになるのでしょうか? 答えはおわかりでしょう。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。