ここから本文です

ジジ・ハディッドもボーボー!セレブのワキ毛事件簿を振り返る

2017/12/16(土) 20:01配信

集英社ハピプラニュース

毎年、旬のモデルがセクシーな姿で登場することで話題の英「LOVE Magazine」のデジタルアドベントカレンダー。11日目には、人気モデルのジジ・ハディッドがシャドーボクシング姿を披露。トミー ヒルフィガーとのコラボデザインの赤いブラトップでマッチョなポーズをキメた瞬間、彼女のワキのワイルドなボーボー具合に世界中の視線が釘付けに!

セレブのワキ毛事件簿を、もっと見る

セレブのワキ毛が注目を浴びたのは、もちろんこれが初めてではない。遡ること18年前の1999年、ロマンティックコメディの名作『ノッティングヒルの恋人』(1999)のロンドンプレミア会場での、女優ジュリア・ロバーツ。集まった観衆に手を振る主演女優のワキの下は、まさかのフサフサ状態! 大物女優のオープンなワキ毛は、驚きをもって報じられた。

2003年、第31回アメリカン・ミュージック・アワードのレッドカーペットに登場した、歌手のブリトニー・スピアーズのことも忘れてはならない。屈託なく披露されたワキの下には、サラッとナチュラルな毛のニュアンス。同年に、MTVアワードでのマドンナとのスキャンダラスなキスパフォーマンスも話題になったブリトニー。人気絶頂期のスターならではの余裕と貫禄が感じられる一枚だ。

さらに2011年には、セレブのワキ毛アピールも進化。カナダの音楽祭でパフォーマンスを披露したレディー・ガガは、ナチュラルなワキ毛では飽き足らず、エメラルドグリーンのウィッグと同じ色に染まったカラーワキ毛でオーディエンスの度肝を抜いた。嬉々としてワキ毛を披露するセレブ達を見ていると、「むしろ、処理するほうが不自然なのかも?」と思えてくるから不思議。長袖が多くなるこの時季、服の下でこっそりセレブ並に育ててみるのもいいかもしれない。