ここから本文です

アルゴリズムが「見たい広告」を選ぶ 中国のユニコーン今日頭条はここまでやる

2017/12/16(土) 7:00配信 有料

週刊東洋経済

<2017年12月16日号> 広告はできるだけ見たくない。これが消費者の本音なのは、残念ながら事実だ。この消費者心理があるかぎり、大量の広告を押し付けるのは逆効果。最善策は、個々の消費者の好みに合わせ、関心があるモノや企業の広告を見せることだろう。

このパーソナライズで驚異的に成長しているのが、中国のベンチャー企業・北京字節跳動科技(ベイジン・バイトダンス・テクノロジー)が運営する情報キュレーションアプリ、「今日頭条」だ。 本文:2,254文字 写真:4枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

杉本 りうこ :東洋経済 記者

最終更新:1/29(月) 15:36
週刊東洋経済