ここから本文です

経営者・幹部は必読!  P&Gのブランド責任者、怒りのスピーチ

2017/12/16(土) 7:01配信 有料

週刊東洋経済

トイレタリー用品の米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は世界最大の広告主だ。同社の最高ブランド責任者が2017年1月、米国の広告業界の会合でスピーチし、アドフラウド(広告詐欺)をはじめとするインターネット広告の問題を厳しく批判。取引を希望するすべてのメディアや代理店などに透明性を保証する証明書などの提出を義務づけると明かした。ネット広告市場において、過去最も影響力の大きい発言となった、この講演を要約して掲載する(要約に際しては専門用語を平易な言葉に置き換えるなどの編集を行った)。 本文:1,281文字

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:2017/12/16(土) 7:01
週刊東洋経済