ここから本文です

INTERVIEW 富士フイルムホールディングス会長兼CEO 古森重隆 ピンチをチャンスに変える。血を入れ替え積極的に関与

2017/12/16(土) 7:01配信 有料

週刊東洋経済

<2017年12月16日号> 富士フイルムホールディングス(HD)の会長兼CEO(最高経営責任者)であり、6月から富士ゼロックスの会長にも就いた古森重隆氏。今回の不正会計をどう総括し、今後の成長戦略をどう描いているかを聞いた。

──富士ゼロックスの不正会計をなぜ富士フイルムHDは防げなかったのでしょうか。

富士ゼロックスは富士フイルムHDの売上高の40%以上を占める大きな会社で、複写機業界でリーダーシップをとるすばらしい会社だ。そこに「うちも調べさせてくれ」とは、普通は言わない。立派な会社だから。 本文:2,773文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:1/29(月) 15:36
週刊東洋経済